HOME > 質問コーナー

サーバー移転及びシステム入れ替え作業に伴い、更新を停止しております。サイトの内容が、最新の法令に適合していない場合がございますので、ご了承ください。

質問コーナー

安全運転義務について

とあるインターネット記事に、安全運転義務について、警察交通課が次のような発言をしたとありました。

>70条に関しては、実際の事故が起きた際に、その行動が安全運
>転を妨げる行為になっていたかどうかという後から判断するた
>めの法律だというのだ。つまり実際に事故が起きてからでない
>限り、それが該当するか、または適応されるかどうかが判断で
>きないし、されないということなのだ。

しかし、この話だと、安全運転義務とは事故にならなければそれで良いというもののようであり、大変違和感を感じてます。

なお、どこの警察の話であるとか、そういったことは記事には書かれていませんでした。

質問日時:2013-06-11 12:00:45

<< 質問一覧に戻る

「警察交通課」がどのような意図でそのような説明をしたかは存じませんが、安全運転義務は、交通事故に至らなかったから果たされたとみなされるものではなく、事故に至らなければそれで良しとするものでもありません。
例え交通事故に至る恐れがない場合であっても、自転車を含め車両の運転に当たっては、安全運転義務として定められている事項に注意を払わなければなりません。
そのため、特に「後から判断するための法律だ」とある部分は、法律上の義務に関する説明であれば、極めて不適切な説明と言えるでしょう。

これは、自転車の酒気帯び運転に罰則がないからといって酒気を帯びて運転してならないことには変わりないのと似たようなことかと思います。

なお、推測ではありますが、その「警察交通課」は、安全運転義務に関する法律上の説明をしたのではなく、おそらく単に取り締まり等における運用(どのような場合に安全運転義務違反で摘発するか等)の話をしたに過ぎないのではないかと思います。

<< 質問一覧に戻る

自転車の交通事故 無料相談コーナー