HOME > 質問コーナー

質問コーナー

左折専用車線の自転車通行について

自転車は車道の左側端を通行することになっていたと思いますが、信号に左折専用時間がある場合についての質問です。

http://gazo.shitao.info/r/i/20140501222430_000.jpg
これは昭和通り秋葉原駅手前の例です。

手前の和泉橋南交差点(http://gazo.shitao.info/r/i/20140501223903_000.jpg)の時点では左車線は左折専用ではなく、また歩道は交通量が多いため自転車は何の疑いもなく車道の左側端を走行できるのですが、その先が問題です。
この和泉橋南交差点通過時に車道を走行しているとその先の区間(橋の上)の歩道上にある自転車通行可の標識が見えず、そのまま車道の左側端を通行することとなります。

しかし、その先の信号には左折専用の時間があります。
信号に従い停止線前に止まっていると、普通車は少し大回りで通過していってくれるのですが、大型バスが左折できずにクラクションを鳴らしてきます(ここはよく大型バスが通ります)。そうすると自転車を降りて歩道に上がろうと思うのですが、すぐ横はガードレールが有り、少し進んだ横断歩道手前は人が多くて入ることが出来ません。
通常の自転車なら混雑する人を無理やりどかして歩道に上がる事は不可能ではないですが、エコ配などのリヤカーをつけていて歩道に上がる事が確実に不可能な場合もあります。

仕方なくその場(停止線前)に居るのですが、大型バスが来た時点で車は左折できなくなり交通の流れを妨げ、こちらもクラクションを鳴らされ非常にストレスがたまります。このような場合はどの様にすればいいのでしょうか。

質問日時:2014-05-01 22:58:16

<< 質問一覧に戻る

自転車を含め軽車両は、特別な場合を除き必ず第一通行帯を通行しなければならないため、ご質問にある交差点を直進する場合も、この原則に従い第一通行帯である左折専用の通行帯を通らなければなりません。
法律に定められていることですので、これに従うほかないのが現状でございます。

なお、左折専用の通行帯上前方に直進のため停止している軽車両がいる場合、後続の左折自動車は、左折進行ができないことを理由に軽車両に対しクラクション(警音器)を鳴らすことはできません。
そこで、手間のかかる方法ではございますが、都度バス会社や警察に通報し、これによって当該道路を通るバス等に道路交通法令周知を図っていくという方法も考えられます。

<< 質問一覧に戻る

自転車の交通事故 無料相談コーナー