HOME > 用語集 > 道路交通法の用語 > 交通方法に関する用語 > 左折・右折

左折・右折

道路交通法において「左折」「右折」とは、車体の進行方向をそれぞれ左、右に変えることを指す。

最終更新日:2012-04-16

左折・右折の開始時点と完了時点

「左折」や「右折」は、交差点において進行方向を変える場合や、道路を横断する場合などにおいて、車体を新しい進行方向に向ける行為のことをいう。
そのため、進行方向を変えるためにハンドルを切り始めた時点が、左折・右折の開始時点となり、車体が新しい進行方向を向いた時点で、左折・右折が完了したこととなる。

なお自転車は、交差点の右折は二段階右折の要領で行うため、信号機が設けられた交差点を右折する際には、交差点の左側端沿いに直進した後に「右折して停止」をすることとなるが、この場合においては、単にハンドルを右に向けただけでも右折が完了したこととなる。

自転車の交通事故 無料相談コーナー