HOME > 歩道等の通行方法 > 歩道の通り方 > 歩道の通行位置

歩道の通行位置

歩道を通行できる条件を満たしている場合には、一方通行規制がされている場合を除き、道路のどちら側に設けられたものであっても、通行することができる。
歩道の中では、歩道の中央から車道寄りの部分を通行しなければならない。

最終更新日:2013-11-03

歩道の設置位置と通行の可否

歩道は、車道とは独立した通路として扱われる。
そのため、基本的に道路のどちら側に設けられた歩道でも通ることができる。


基本的に左右どちらの歩道も通行できる

ただし、歩道に自転車一方通行の道路標識がある場合には、一方通行規制に従わねばならず、反対方向に進行してはならない。
通常は、道路左側の歩道を通るように一方通行規制がなされるため、この場合には、道路右側の歩道を通行してはならないこととなる。

自転車一方通行の道路標識
または


一方通行規制に従う

歩道内における通行位置:車道寄り通行

自転車は、歩道内においては、歩道の中央から車道寄りの部分を通行しなければならない。
これには例外規定がないため、いかなる場合であっても、歩道の中央から外側を通ってはならない。


車道寄りを通行

例えば、歩道の車道寄り部分に歩行者がいるため、上記の通行位置を通れない場合には、一時停止をするか、自転車から降りなければならないこととなる。


中央から外側に出てはならない
(一時停止をするか、自転車から降りる)

なお、歩道の中央から車道寄りの部分に、自転車の車体(運転者や積載物を含む)の全部が入らないと、この規定に違反し、歩行者妨害等に該当することになる。
そのため、歩道の幅が車体の最大幅の2倍に満たないような狭い歩道については、通行すれば必ず歩行者妨害等となるため、自転車通行可の道路標識があったとしても通行してはならないこととなる。

法定外表示との関係

歩道に、自転車ナビマークなどの、普通自転車通行指定部分を模した法定外表示が設けられていることがある。
しかし法定外表示には交通規制の効力がないため、自転車は、法定外表示が設けられている位置等に関わらず、歩道内においては歩道の中央から車道寄りを通らなければならない。

関連法令

道路交通法

(普通自転車の歩道通行)

第63条の4

2 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。

罰則

歩道の歩行者妨害等

  • 歩道を通行する際に、歩道の中央から車道寄りの部分を通行しなかった場合

>> 2万円以下の罰金又は科料

自転車の交通事故 無料相談コーナー