HOME > 歩道等の通行方法 > 歩道の通り方 > 交差点周辺における歩道の通行方法

交差点周辺における歩道の通行方法

歩道を通行していると、交差点周辺において車道を横断する必要が生じることが多い。
このときは、車道の横断(全横断)の方法に従って横断を行う。

最終更新日:2013-11-03

交差点周辺の歩道通行と道路の横断について

歩道は、交差点周辺において、交差する道路の車道に遮られるため、交差道路を越えて直進しようとすれば、交差道路の車道を横断しなければならないこととなる。
この横断行為は、通常の車道の横断と何ら変わらないため、基本的に、車道の横断(全横断)の方法に従って横断を行えば良いこととなる。


「横断」の要領で進む(交差点通過ではない)

車道横断方法については、横断(全横断)の方法を参照されたい。

交差点周辺歩道の通行禁止に注意

交差点周辺の歩道では、自転車の通行が禁止されていることが多い。
歩道の「自転車通行可」の道路標識に「ここまで」などの区間の終点を表す補助標識が併設されている場合には、自転車に乗ったまま歩道を通行すれば通行区分違反に問われることとなる。
この場合には、自転車から降りるか、車道に入るかしなければならない。

自転車通行可「ここまで」の道路標識(補助標識)


「ここまで」から先に進んではならない
(自転車から降りるか、車道に入る)

自転車の交通事故 無料相談コーナー