HOME > 歩道等の通行方法 > 路側帯の通り方 > 路側帯における歩行者保護

路側帯における歩行者保護

著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合には、路側帯を通ってはならない。
また、路側帯の通行に際しては、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。

最終更新日:2013-12-01

歩行者保護のための路側帯通行禁止

路側帯通行禁止となる場合

著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合には、路側帯を通ってはならない。

著しく通行を妨げることとなる場合としては、路側帯が狭いため、自転車が進入すれば歩行者が車道に避けざるを得なるなるであろうケースや、その他通行中の歩行者を停止させたり飛び退かせたりするであろうケースが考えられる。

一方、歩行者が路側帯内で余裕をもって自転車を避けることができる状況であれば、仮に歩行者に少し避けるなどの行為をさせることとなったとしても「著しく」歩行者を妨害することとはならない。

路側帯通行禁止と車道通行義務違反

著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合には、自転車は路側帯を通ってはならないので、必ず車道を通らなければならないこととなる。

路側帯通行時における歩行者保護

路側帯を通行する際は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。
そのため、歩行者に自転車を大きく避けさせるような通行はしてはならず、また歩行者に危険を感じさせるような通行もしてはならない。
また、路側帯はあくまで歩行者のための通路であるため、歩行者の近くを通過する際は、歩行者が急な方向転換などを行った場合でも接触等を起こさないよう、安全な距離を確保して通過しなければならない。

罰則

通行区分違反

  • 著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合に路側帯を通行した場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

路側帯の歩行者妨害

  • 路側帯を、歩行者の通行を妨げるような速度・方法で通行した場合

>> 2万円以下の罰金又は科料

関連条文

道路交通法

(軽車両の路側帯通行)

第17条の2 軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側部分に設けられた路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる。

2 前項の場合において、軽車両は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー