HOME > 用語集 > 道路交通法の用語 > 交通方法に関する用語 > 進路変更

進路変更

道路交通法において「進路変更」とは、進行方向を変えずに、進路(通行している場所)を変えることを指す。

最終更新日:2012-04-16

進路変更に該当する行為

車両通行帯や車線を変更する行為は、当然に進路変更に該当する。

また、進路変更は車両通行帯や車線の変更の有無とは関係ないため、同一車両通行帯内や同一車線内であっても(車線変更等を行っていなくても)、進路を変えれば進路変更を行ったこととなる。
例えば次の行為は、進路が変わることとなるため、いずれも進路変更に該当する。

  • 路上駐車車両を避けるため、第一車両通行帯の右側に進路を変えた。
  • 自動車に追い付かれたので、できる限り道路の左側端に寄った。
  • バランスを崩し横に数メートル移動した。

進路変更に該当しない行為

ハンドル操作のぶれなどにより、少々左右に移動した程度であれば、進路変更には該当しない。
また、カーブなど道路の構造により若干左右に移動することとなる場合(例えば若干イン側に入り込むなど)も、進路変更には該当しない。

進路変更に関する規定

みだりに進路変更することの禁止

特に理由がない限り、進路変更をしてはならない。

後続車両の進行妨害禁止

進路変更を行った際に、後方から来る車両の進行妨害となる場合には、進路変更をしてはならない。

進路変更の合図

進路変更を行う際は、その3秒前に、進路変更の合図(手信号)を示さなければならない。

関連条文

道路交通法

(進路の変更の禁止)

第26条の2 車両は、みだりにその進路を変更してはならない。

2 車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。

(合図)

第53条 車両(自転車以外の軽車両を除く。第3項において同じ。)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー