HOME > 用語集 > 道路交通法の用語 > 車両の種類に関する用語 > 車両

車両

道路交通法において「車両」とは、自動車、原動機付自転車、軽車両およびトローリーバスのことを指す。

最終更新日:2012-05-20

自転車は車両

自転車は、道路交通法において軽車両であるため、車両の中に含まれる。
そのため、車両に適用される道路交通法の規定や交通規制は、基本的に自転車にも適用される。

自転車と他の車両との通行方法の相違

自転車の通行方法は自動車と共通点が多い

道路交通法に基づく通行方法に関する規定の中には、軽車両のみに適用されるものや、自転車のみに適用されるものもある。
しかし、通行方法に関する規定の多くは、車両全般を対象としたものとなっている。
上記のとおり、車両の中には、自動車はもちろんのこと、自転車も含まれるため、自動車と自転車とでは、通行方法について共通点が多いこととなっている。
自動車の運転免許保有者は、一部の軽車両や自転車にのみ適用される規定を把握しておけば、ある程度適法に自転車で通行できることとなるだろう。

自動車と自転車とで通行方法が異なる点

自動車と自転車とで通行方法が異なることとなる点は、主に次のとおりである。

  • 道路の基本的な通行位置

    自動車は「左側に寄って」、自転車は「左側端に寄って」通行する。

  • 車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)の通行位置

    自動車は、一番右側を除く車線を通るほか、進行方向別通行区分に従う。自転車は、追い越し時ややむを得ない状況を除き、道路標示に関わらず第一車両通行帯を通る。

  • 交差点の右折方法

    自動車は道路中央付近から右折する。自転車は二段階右折の要領で右折する。

関連条文

道路交通法

(定義)

第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

8 車両 自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう。

自転車の交通事故 無料相談コーナー