HOME > 用語集 > 道路交通法の用語 > 道路に関する用語 > 車道

車道

道路交通法において「車道」とは、歩行者用の通路と車両用の通路とが区別されている道路における車両用の通路を指す。

最終更新日:2012-05-20

「歩道等と車道の区別のある道路」

歩行者用の通路と車両用の通路とが区別されている道路のことを、特に「歩道等と車道の区別のある道路」と呼ぶ。

車道の通行

自転車は、歩道等と車道の区別のある道路においては、基本的に車道を通らなければならない。
車道における自転車の通行位置に関する規定は、車道に車両通行帯が設けられているかどうかによって変わってくる。

車両通行帯が設けられていない場合

車両通行帯が設けられていない車道においては、自転車は、「車道の左側端に寄って」通行することとなる。

車両通行帯が設けられている場合

車両通行帯が設けられている車道においては、自転車は、「車道の左側端から数えて1番目の車両通行帯」(第一車両通行帯)を通行することとなる。
車両通行帯が設けられていない車道を通る場合とは異なり、車道の左側端に寄る義務は負わない。

関連条文

道路交通法

(定義)

3 車道 車両の通行の用に供するため縁石線若しくはさくその他これに類する工作物又は道路標示によつて区画された道路の部分をいう。

(通行区分)

第17条 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき、又は第47条第3項若しくは第48条の規定により歩道等で停車し、若しくは駐車するため必要な限度において歩道等を通行するときは、この限りでない。

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて1番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

自転車の交通事故 無料相談コーナー