HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)通行時の歩行者保護 > 歩行者保護のための追い越し等の制限

歩行者保護のための追い越し等の制限

横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)とその手前30mにおいては、歩行者保護のため、追い越し・追い抜きが制限されている。
また、条例によって、歩行者保護のために追い越し等が制限されている場合がある。

最終更新日:2015-06-02

追い越しの制限

横断歩道等とその手前30mにおいては、追い越しが禁止されており、追い越しのための進路変更と、追い越しのための前方車両の側方通過を行ってはならない。


横断歩道等とその手前30mは追い越し禁止

ただし、軽車両を追い越すことについては、禁止されていない。


軽車両の追い越しは可

追い抜きの制限

横断歩道等の手前での追い抜きの制限

横断歩道等の手前30mにおいては、前方を走行している車両の側方を通過して(追い抜いて)前に出てはならない。


横断歩道等30m手前は走行車両の追い抜き禁止

ただし、軽車両を追い抜くことについては、禁止されていない。
また、停止している車両を追い抜くことについても、後述の場合を除き、禁止されていない。


軽車両と停止車両の追い抜きは基本的に可

横断歩道等の直前での追い抜きの制限

信号機がない場合

信号機のない横断歩道等やその直前で停止している車両を追い抜く際は、その車両の前方に進む前に、一時停止をしなければならない。


前方に出る前に一時停止

信号機がある場合

横断歩道等に信号機がある場合には、横断歩道等やその直前で停止している車両を追い抜く場合であっても、基本的に一時停止する必要はない。


青信号に従い進む場合は一時停止不要

横断歩道等以外での追い越し等の制限(東京都の例)

上記のほか、条例によって、歩行者保護のために追い越し等が制限されている場合がある。
東京都の場合、横断歩道等の有無に関わらず、前方車両が歩行者を横断させるために停止している場合には、一時停止するか徐行して、歩行者が安全に横断できるようにしなければならない。


前方車両が歩行者を横断させるために停止している場合は一時停止または徐行

罰則

追越違反

  • 横断歩道等とその30m手前で追い越しのための進路変更、または追い越しのための前方車両の側方通過をした場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

横断歩行者等妨害等

  • 横断歩道等の30m手前で、前方を走行する車両(軽車両を除く)を追い抜いた(側方通過して前に出た)場合
  • 信号機のない横断歩道等またはその直前で停止している車両の前方に出る際に一時停止しなかった場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

公安委員会遵守事項違反(東京都の場合)

  • 前方の車両が歩行者を横断させるために停止している場合に、一時停止や徐行を行わず、歩行者の安全な横断を妨げた場合

>> 5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連条文

道路交通法

(追越しを禁止する場所)

第30条 車両は、道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。

3 交差点(当該車両が第36条第2項に規定する優先道路を通行している場合における当該優先道路にある交差点を除く。)、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に30メートル以内の部分

(横断歩道等における歩行者等の優先)

第38条

2 車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されているものを除く。次項において同じ。)又はその手前の直前で停止している車両等がある場合において、当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするときは、その前方に出る前に一時停止しなければならない。

3 車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に30メートル以内の道路の部分においては、第30条第3号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。

(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)

第38条の2 車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。

東京都道路交通規則(参考)

(運転者の遵守事項)

第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。

1 前方にある車両が歩行者を横断させるため停止しているときは、その後方にある車両は、一時停止し、又は徐行して、その歩行者を安全に横断させること。

自転車の交通事故 無料相談コーナー