HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)通行時の歩行者保護 > 横断歩道等を通過するとき

横断歩道等を通過するとき

横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)に近づく際は、横断歩道等によって横断しようとする歩行者または自転車がいないことが明らかでない限り、停止線の直前で停止できるよう徐行しなければならない。
また、自分の前を横切ろうとしている歩行者・自転車がいる場合には、自分の前を通過し終えるまで、停止線の直前で一時停止しなければならない。

最終更新日:2015-06-02

横断歩道等に近づくとき

信号機が設置されていない場合

横断歩道等に近づく際は、信号機が設置されていない場合には、横断歩道等によって横断しようとする歩行者・自転車がいないことが明らかでない限り、停止線の直前で停止できるよう徐行しなければならない。


歩行者・自転車がいないことが明らかでない限り徐行

信号機が設置されている場合

信号機が設置されている場合には、横断歩道等の側の信号機が赤信号であれば、基本的に信号に従って進行すればよく、徐行義務は生じない。


基本的に青信号に従い進行

ただし、横断しようとしている歩行者・自転車がいる場合には、徐行しなければならない。


渡ろうとしている歩行者・自転車がいたら徐行

歩行者・自転車が横断している場合

横断歩道等を歩行者・自転車が横断していて、自分の前を横切ろうとしている場合には、自分の前を通過し終えるまで、停止線の直前で一時停止しなければならない。


歩行者・自転車が通過するまで一時停止

横断している歩行者・自転車が、自分の前を通過し終えたら、進行して良い。


歩行者・自転車が通過し終えたら進行

罰則

横断歩行者等妨害等

  • 横断歩道等によって横断する歩行者・自転車がいないことが明らかでないのに徐行しなかった場合
  • 横断歩道等によって横断する歩行者・自転車を妨害した場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

関連条文

道路交通法

(横断歩道等における歩行者等の優先)

第38条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー