HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)通行時の歩行者保護 > 歩行者の近くを通過するとき

歩行者の近くを通過するとき

道路(車道)において、歩行者の近くを通ることとなるときは、歩行者と安全な間隔を保つか、または徐行しなければならない。

最終更新日:2015-06-02

歩行者の近くを通過するときの基本

歩行者の近く(概ね1.5m以内)を通過することとなる場合には、進路変更をして歩行者と安全な間隔(少なくとも1.5m以上)を確保するか、または徐行をしなければならない。


安全な間隔を保つか徐行する

歩道等の歩行者の近くを通過するとき

路側帯を通行する歩行者の近くを通過するとき

路側帯を通行する歩行者の近くを通過する場合も同様に、進路変更をして歩行者と安全な間隔を確保するか、または徐行をしなければならない。


安全な間隔を保つか徐行する

歩道を通行する歩行者の近くを通過するとき

歩道を通行する歩行者の近くを通過する場合には、歩道と車道とは物理的に区画されているため、基本的に、安全間隔の確保や徐行の義務はない。
ただし、歩行者が歩道の車道に近い部分を通行していたり、車道と歩道との区画が段差のみでである場合など、歩行者との接触が起こりやすい状況においては、前述の場合と同様に、進路変更をして歩行者と安全な間隔を確保するか、または徐行をしなければならないこととなる。

横断歩道等通行時

歩行者の近くを通るときの安全間隔確保・徐行義務は、道路(車道)通行時には、上記以外の状況でも広く生じることとなる。
例えば、横断歩道等によって道路を横断する場合にも、歩行者の近くを通過するのであれば、進路変更をして安全間隔を確保するか、または徐行をしなければならない。


道路進行時以外でも歩行者の近くでは安全間隔確保・徐行

罰則

歩行者側方安全間隔不保持

  • 歩行者の近くを通過する際の安全間隔確保・徐行を行わなかった場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連法令

道路交通法

(左側寄り通行等)

第18条

2 車両は、前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー