HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)通行時の歩行者保護

道路(車道)通行時の歩行者保護

  • 歩行者の近くを通過するとき

    道路(車道)において、歩行者の近くを通ることとなるときは、歩行者と安全な間隔を保つか、または徐行しなければならない。

  • 横断歩道等を通過するとき

    横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)に近づく際は、横断歩道等によって横断しようとする歩行者または自転車がいないことが明らかでない限り、停止線の直前で停止できるよう徐行しなければならない。
    また、自分の前を横切ろうとしている歩行者・自転車がいる場合には、自分の前を通過し終えるまで、停止線の直前で一時停止しなければならない。

  • 横断歩道等以外を横断する歩行者の保護

    交差点やその直近で横断をしている歩行者がいるときは、横断歩道が設けられていなくとも、その歩行者の横断を妨害してはならない。

  • 歩行者保護のための追い越し等の制限

    横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)とその手前30mにおいては、歩行者保護のため、追い越し・追い抜きが制限されている。
    また、条例によって、歩行者保護のために追い越し等が制限されている場合がある。

自転車の交通事故 無料相談コーナー