HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)の走行ルール > 一時停止すべき場所

一時停止すべき場所

交差点の手前に、一時停止の道路標識がある場合には、停止線の直前で一時停止をしなければならない。

最終更新日:2015-06-02

一時停止義務のある場所

道路標識による一時停止

道路(車道)では、交差点の手前に一時停止の道路標識がある場合には、停止線の直前で一時停止をしなければならない。(参照:交差点への進入

一時停止の道路標識

なお、交差点手前に一時停止の道路標識がある場合、交差道路の方が優先となるため、交差点への進入に際しては、交差道路の進行を妨害してはならない。(参照:信号機のない交差点の優先関係

「止まれ」のペイントについて

「止まれ」の路面ペイントは、法律で定められた道路標示ではないため、一時停止の規制効力もない。
そのため、「止まれ」の路面ペイントのみで、一時停止の道路標識がない場合には、道路標識等による一時停止の規制はなされていないこととなる。
ただし、「止まれ」の路面ペイントがある場所は、別の理由で一時停止義務がある場合が多いので、この表示のある場所では、その点に留意すべきこととなる。


「止まれ」のペイントのみの例
ペイント自体に効力はないが、前方が歩道のため一時停止を要する案内となっている。

また、「自転車ストップマーク」と呼ばれる路面ペイントも、同様に法律で定められた道路標示ではないため、やはり一時停止の規制効力もない。
「自転車ストップマーク」は、「止まれ」の路面ペイントとは異なり、一時停止義務が全くない場所にもよく設けられている。


「自転車ストップマーク」には一時停止の規制効力はない

その他の一時停止義務

歩道進入時の一時停止義務

道路に進入するため、または道路外に出るために、歩道等(歩道または路側帯)を横断する際は、歩道等の直前で一時停止しなければならない。(参照:道路進入方法の基本道路外へ出る方法の基本

横断歩道等の手前での一時停止義務

横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)を歩行者・自転車が横断していて、自分の前を横切ろうとしている場合には、停止線の直前で一時停止をしなければならない。(参照:横断歩道等を通過するとき

また、横断歩道等やその直前で停止している車両を追い抜く際は、その車両の前方に進む前に、一時停止をしなければならない。(参照:歩行者保護のための追い越し等の制限

踏切の手前での一時停止

踏切を通過する際は、信号機のある踏切を除き、停止線または踏切の直前で一時停止しなければならない。(参照:踏切の通過方法

罰則

一時停止違反

  • 一時停止の道路標識が設置されている場所で、停止線の直前で一時停止しなかった場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

関連条文

道路交通法

(指定場所における一時停止)

第43条 車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあつては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第36条第2項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー