HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)の通行位置

道路(車道)の通行位置

  • 通行位置の基本

    歩道等(歩道または路側帯)と車道の区別のある道路では、自転車は車両であるため、基本的に、車道を通行しなければならない。
    道路(車道)では、基本的に、道路の中央から左側の部分を通行しなければならない。

  • 車両通行帯が設けられていない道路

    車両通行帯が設けられていない道路(一車線道路、片側一車線道路)では、基本的に、道路(車道)の左側端に寄って通行する。

  • 車両通行帯が設けられた道路

    車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)では、基本的に、第一通行帯(左から一番目の通行帯)の中を通行しなければならない。
    また、自転車専用通行帯が設けられている場合には、自転車専用通行帯の中を通らなければならない。
    なお、車両通行帯が設けられていない場合(一車線道路、片側一車線道路)とは異なり、左側端に寄る義務はない。

  • 自転車道が設けられている場合

    車道内に道路交通法上の自転車道が設けられている場合には、基本的に、自転車道の中を通らなければならない。
    自転車道は、独立した車道であるため、自転車道の中では、その中央から左側の部分を、左側端に寄って通行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー