HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)の通行位置 > 通行位置の基本

通行位置の基本

歩道等(歩道または路側帯)と車道の区別のある道路では、自転車は車両であるため、基本的に、車道を通行しなければならない。
道路(車道)では、基本的に、道路の中央から左側の部分を通行しなければならない。

最終更新日:2015-06-02

基本的に車道通行

歩道等(歩道または路側帯)と車道の区別のある道路では、自転車は車両であるため、基本的に、車道を通行しなければならない。

ただし、法で定められた条件を満たしている場合には、例外的に歩道等を通ることも許されている。
歩道等を通行できる条件や通行方法については、歩道の通行方法を参照されたい。

道路(車道)では左側通行

道路(車道)では、基本的に、道路の中央から左側の部分を通行(左側通行)しなければならず、右側部分を通行してはならない。
歩道が設けられた道路において、歩道と車道外側線の間の部分を通る場合でも、その部分は車道であるため、やはり右側を通行してはならない。


道路(車道)左側を通行する

ただし、次の場合には、道路の右側にはみ出して通行することができる。

  • 道路左側部分の幅が不十分な場合
  • 道路の損壊、道路工事、障害物、駐停車車両などのために左側通行ができない場合
  • 道路左側部分の幅が6m未満の道路で追い越しをする場合(「追越しのための右側部分はみ出し通行禁止」の場合を除く。)

これらの規定により右側にはみ出す場合には、はみ出し方ができるだけ少なくなるようにしなければならない。
道路状況等にもよるが、避ける対象の概ね1〜1.5mまで近寄るようにするのが、一応の目安となる。


はみ出し方ができるだけ少なくなるようにする

また、右側にはみ出す際は、反対方向の交通を妨害してはならない。


反対方向車両優先

右側にはみ出しての追い越しについては車両の追い越し方法を、右側にはみ出しての駐停車車両の回避については駐停車車両等を避ける方法を、それぞれ参照されたい。

罰則

通行区分違反

  • 歩道等(歩道または路側帯)を通行できる条件を満たしていないにも関わらず車道を通行しなかった場合
  • 正当な理由なく道路の右側部分を通行(逆走)した場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連条文

道路交通法

(通行区分)

第17条 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき、又は第47条第3項若しくは第48条の規定により歩道等で停車し、若しくは駐車するため必要な限度において歩道等を通行するときは、この限りでない。

4 車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第9節の2までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。

5 車両は、次の各号に掲げる場合においては、前項の規定にかかわらず、道路の中央から右の部分(以下「右側部分」という。)にその全部又は一部をはみ出して通行することができる。この場合において、車両は、第1号に掲げる場合を除き、そのはみ出し方ができるだけ少なくなるようにしなければならない。

1 当該道路が一方通行(道路における車両の通行につき一定の方向にする通行が禁止されていることをいう。以下同じ。)となつているとき。

2 当該道路の左側部分の幅員が当該車両の通行のため十分なものでないとき。

3 当該車両が道路の損壊、道路工事その他の障害のため当該道路の左側部分を通行することができないとき。

4当該道路の左側部分の幅員が六メートルに満たない道路において、他の車両を追い越そうとするとき(当該道路の右側部分を見とおすことができ、かつ、反対の方向からの交通を妨げるおそれがない場合に限るものとし、道路標識等により追越しのため右側部分にはみ出して通行することが禁止されている場合を除く。)。

5 勾配の急な道路のまがりかど附近について、道路標識等により通行の方法が指定されている場合において、当該車両が当該指定に従い通行するとき。

自転車の交通事故 無料相談コーナー