HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)の通行位置 > 車両通行帯が設けられた道路

車両通行帯が設けられた道路

車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)では、基本的に、第一通行帯(左から一番目の通行帯)の中を通行しなければならない。
また、自転車専用通行帯が設けられている場合には、自転車専用通行帯の中を通らなければならない。
なお、車両通行帯が設けられていない場合(一車線道路、片側一車線道路)とは異なり、左側端に寄る義務はない。

最終更新日:2015-06-02

第一通行帯の通行について

車両通行帯が設けられた道路では、自転車専用通行帯が設けられている場合を除き、基本的に、第一通行帯の中を通行しなければならない。

第一通行帯の通行については、第一通行帯が次のような特殊なものになっている場合でも同じである。

  • 第一通行帯がバス専用通行帯になっている場合
  • 第一通行帯が左折レーンになっている場合

追い越しや障害物回避などの場合を除き、常に第一通行帯を通るべきとの認識で、差し支えないだろう。

第一通行帯がバス専用通行帯になっている場合

第一通行帯がバス専用通行帯であっても、バス専用通行帯の規制は自転車には及ばないため、あくまで第一通行帯の中を通行する。
そのためこの場合には、第一通行帯であるバス専用通行帯の中を通行することとなる。


第一通行帯がバス専用通行帯の場合、バス専用通行帯内を通ることとなる。

第一通行帯が左折レーンになっている場合

交差点を直進する場合、交差点の手前の第一通行帯が左折レーンになっている場合であっても、左折レーン規制は自転車には及ばないため、あくまで第一通行帯の中を通行する。
そのためこの場合には、第一通行帯である左折レーンを通って交差点を直進することとなる。


手前に左折レーンがある交差点を直進する場合、左折レーン内を通ることとなる。

自転車専用通行帯が設けられている場合

自転車専用通行帯が設けられた道路では、基本的に、自転車専用通行帯の中を通らなければならない。
自転車専用通行帯は、一般には第一通行帯として設けられるので、自転車専用通行帯が設けられていても、通常は通行方法に大きな違いは生じない。

なお、自転車専用通行帯は、車両通行帯によって構成される車道の一部であり、路側帯などと異なり独立した通路とはなっていないため、道路右側に設けられた自転車専用通行帯を通行すれば、通行区分違反(いわゆる逆走)となる。

自転車専用通行帯の表示

自転車専用通行帯は、道路標識または道路標示で示される。

道路標識で示される場合

自転車専用通行帯の道路標識
または


自転車専用通行帯の道路標識と車両通行帯境界線で示される。

道路標示で示される場合


自転車専用通行帯の道路標示と車両通行帯で示される。

法定外表示(自転車ナビマーク等)は自転車専用通行帯ではない

自転車ナビマーク等の、上記以外の表示は、法令で定められていないもの(法定外表示)であるため、自転車専用通行帯・車両通行帯としての効力を有しない。
そのため、自転車ナビマーク等が表示されている場合には、その表示は無視した上で車両通行帯の有無を判断し、通行位置を定めることとなる。

車両通行帯が設けられていない道路の法定外表示

自転車ナビマーク等の法定外表示は、前述のとおり車両通行帯の効力がないため、車両通行帯が設けられていない道路(一車線道路、片側一車線道路)では、基本通り、道路(車道)の左側端に寄って通行することとなる。
道路左側端と自転車ナビマーク等の表示との間が狭い場合には、結果的に、これより道路の内側を通行することとなるが、通行位置としては問題ない。


車両通行帯が設けられていない道路では左側端に寄って通行する。
その結果、表示より道路内側通行となっても問題ない。

車両通行帯が設けられた道路の法定外表示

同様に、車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)では、第一車両通行帯の中を通行する。
自転車ナビマーク等の表示の中を通行する義務はなく、また後述のとおり左側端に寄る義務もない。


表示の位置に関わらず、第一通行帯内であれば、どの位置を通行することも、道路交通法上は許容される。

左側端寄り通行義務はない

車両通行帯が設けられた道路の通行位置は、車両通行帯が設けられていない場合とは異なり、左側端に寄る義務はない。


第一通行帯内であれば、どの位置を通行することも、道路交通法上は許容される。

右側通行帯の通行

右側の通行帯を通行できる場合

次のような場合には、必要な範囲内において、第二車両通行帯など、第一通行帯より右側の通行帯を通行することができる。

  • 路上駐停車車両を避けるとき
  • 道路工事を避けるとき
  • 進路上に障害物があるときや、進路上の道路の部分が損壊しているとき
  • その他、道路や交通の状況によりやむを得ないとき

道路の右側部分にはみ出すこととなる場合については、通行位置の基本を参照されたい。

右側の通行帯を通行しなければならない場合

車両通行帯が設けられた道路で、他の車両を追い越すときは、基本的に、一つ右の車両通行帯(通常は第二車両通行帯)を通って追い越しをしなければならないことになっている。


道路交通法上は、追い越し時は一つ右の通行帯に移動しなければならない。

自転車を追い越す場合についても、例外規定はないため、道路交通法上は、やはり一つ右の車両通行帯を通らなければならない。


自転車を追い越す場合も、一つ右の通行帯に移動しなければならない。

追い越しについては、車両の追い越し方法を参照されたい。

罰則

通行帯違反

  • 正当な理由なく第一通行帯を通行しなかった場合
  • 自転車専用通行帯を通行しなかった場合
  • 追い越しをする際に一つ右の通行帯を通行しなかった場合

>> 5万円以下の罰金(過失罰あり)

関連条文

道路交通法

(通行区分)

第17条

4 車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第9節の2までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。

(左側寄り通行等)

第18条 車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第25条第2項若しくは第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に3以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

2 車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない。

3 車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項若しくは第34条第1項から第5項までの規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

(路線バス等優先通行帯)

第20条の2 道路運送法第9条第1項に規定する一般乗合旅客自動車運送事業者による同法第5条第1項第3号に規定する路線定期運行の用に供する自動車その他の政令で定める自動車(以下この条において「路線バス等」という。)の優先通行帯であることが道路標識等により表示されている車両通行帯が設けられている道路においては、自動車(路線バス等を除く。以下この条において同じ。)は、路線バス等が後方から接近してきた場合に当該道路における交通の混雑のため当該車両通行帯から出ることができないこととなるときは、当該車両通行帯を通行してはならず、また、当該車両通行帯を通行している場合において、後方から路線バス等が接近してきたときは、その正常な運行に支障を及ぼさないように、すみやかに当該車両通行帯の外に出なければならない。ただし、この法律の他の規定により通行すべきこととされている道路の部分が当該車両通行帯であるとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

(左折又は右折)

第34条

3 軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

(指定通行区分)

第35条 車両(軽車両及び右折につき原動機付自転車が前条第5項本文の規定によることとされる交差点において左折又は右折をする原動機付自転車を除く。)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条第1項、第2項及び第4項の規定にかかわらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。ただし、第40条の規定に従うため、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のためやむを得ないときは、この限りでない。

道路標識、区画線及び道路標示に関する命令

規制標識

種類 表示する意味
専用通行帯 交通法第20条第2項の道路標識により、車両通行帯の設けられた道路において、特定の車両が通行しなければならない車両通行帯(以下この項において「専用通行帯」という。)を指定し、かつ、他の車両(当該特定の車両が普通自転車である場合にあつては軽車両を除き、当該特定の車両が普通自転車以外の車両である場合にあつては小型特殊自動車、原動機付自転車及び軽車両を除く。)が通行しなければならない車両通行帯として専用通行帯以外の車両通行帯を指定すること。
普通自転車専用通行帯 交通法第20条第2項の道路標識により、車両通行帯の設けられた道路において、普通自転車が通行しなければならない車両通行帯(以下この項において「普通自転車専用通行帯」という。)を指定し、かつ、軽車両以外の車両が通行しなければならない車両通行帯として普通自転車専用通行帯以外の車両通行帯を指定すること。

規制標示

種類 表示する意味
専用通行帯 交通法第20条第2項の道路標示により、車両通行帯の設けられた道路において、特定の車両が通行しなければならない車両通行帯(以下この項において「専用通行帯」という。)を指定し、かつ、他の車両(当該特定の車両が普通自転車である場合にあつては軽車両を除き、当該特定の車両が普通自転車以外の車両である場合にあつては小型特殊自動車、原動機付自転車及び軽車両を除く。)が通行しなければならない車両通行帯として専用通行帯以外の車両通行帯を指定すること。
自転車の交通事故 無料相談コーナー