HOME > 道路(車道)の通行方法 > 進路変更・追い越し等 > 駐停車車両等を避ける方法

駐停車車両等を避ける方法

駐停車車両を避ける際は、右に進路変更する、道路右側部分を通る、車両通行帯が設けられた道路にあっては右の通行帯を通るなどして避けることができる。
なお、駐停車車両を避ける行為は追い越しには該当しないため、状況によっては、左に進路変更して避けても差し支えない。

最終更新日:2015-06-02

駐停車車両を避ける方法の基本

避ける対象となる駐停車車両

道路の損壊、道路工事、障害物を避ける場合のほか、次の駐停車車両を避ける場合には、進路変更をして避けることができる。

  • 駐車している車両
  • 人の乗り降りや荷物の積み卸しのために停車している車両(バス、トラック、タクシーなど)
  • 道路外施設に出るために停止している車両(駐車場待ちなど)
  • その他、法律に従う以外の目的で停止している車両

進路変更を始めるタイミング

駐停車車両を避けるための進路変更は、駐停車車両と自分との距離が、確保すべき車間距離よりも短くなる時に、開始する。
なお、進路変更に際しては、事前に後方確認と合図(手信号)を要するため、相当手前から準備をするべきこととなる。


確保すべき車間距離よりも短くなる時に進路変更開始

合図(手信号)については右左折・進路変更・停止の合図(手信号)を、確保すべき車間距離については車間距離の保持を、それぞれ参照されたい。

避ける方法

駐停車車両を避ける際は、通常は右に進路変更をし、駐停車車両の右側を通って避けることとなる。
なお、駐停車車両を避ける行為は追い越しには該当しないため、左に進路変更して避けること自体は法律上許容されている。
そのため、駐停車車両の左側に十分なスペースがあり、人の乗り降りがないなど危険が生じる恐れがない場合には、左に進路変更をして避けても差し支えないこととなる。

進路変更については、後述の場合を含め、進路変更の基本を参照されたい。

避けた後

駐停車車両を避けたならば、通常は、適切な通行位置に戻るため、左に進路変更を行うべきこととなる。

通行位置については、車両通行帯が設けられていない道路および車両通行帯が設けられた道路を参照されたい。

右側通行等について

道路の右側部分を通っての回避

駐停車車両のため、道路左側部分を通行できない場合には、「追越しのため右側部分はみ出し通行禁止」である場合を含め、道路の右側部分にはみ出して避けても良い。
このとき、はみ出し方ができるだけ少なくなるようにしなければならない。
道路状況等にもよるが、避ける対象の概ね1〜1.5mまで近寄るようにするのが、一応の目安となる。


はみ出し方ができるだけ少なくなるようにする

また、右側にはみ出す際は、反対方向の交通を妨害してはならない。


反対方向車両優先

車両通行帯が設けられた道路における回避

車両通行帯が設けられた道路では、追い越し禁止である場合を含め、同一通行帯内で避けても良く、また一つ右の通行帯(通常は第二通行帯)を通って避けても良い。


第一通行帯内で避けても良い

バスを避ける場合について

路線バスを避ける場合

路線バスが停留所から発進しようとして右ウィンカーを出している場合には、バスの発進を妨害してはならない。
そのため、停留所で右ウィンカーを出して停止している路線バスについては、その右を通って避けようとはすべきでないこととなる。

幼稚園・小中学校のスクールバスを避ける場合

幼稚園・小中学校のスクールバスが、園児・児童の乗り降りをさせている場合(ハザードランプを点灯させている場合)に、そのスクールバスを避ける際には、側方通過時には徐行をして、安全確認をしなければならない。

信号待ち車両等を避ける場合の右進路変更

赤信号で停止している車両や、横断歩行者を優先させるために停止している車両、またこれらの車両に続いて停止している車両など、法令の規定に従って停止している車両を避けるための右進路変更については、次のような制限がある。

車両通行帯が設けられていない場合

車両通行帯が設けられていない道路(一車線道路、片側一車線道路)では、信号待ち車両等を避けるために右に進路変更する(道路(車道)の左側端に寄らずに通行する)ことは許されていない。


信号待ち車両等を避けるための右進路変更禁止

車両通行帯が設けられている場合

車両通行帯が設けられている道路(片側二車線以上の道路)では、信号待ち車両等を避けるために一つ右の車両通行帯に進路変更する(第一通行帯以外を通行する)ことは許されていない。


信号待ち車両等を避けるための右側通行帯通行禁止

なお、第一通行帯(左から一番目の通行帯)の中で避ける場合については、法律上は許容されている。
第一通行帯内で避ける場合で、歩行者の横断を優先させるために停止している車両の前方に出る場合などにおいては、別の規定により、その車両の前方に出る前に一時停止をしなければならない。(参照:歩行者保護のための追い越し等の制限

罰則

通行区分違反

  • 信号待ち車両等の法令の規定に従って停止している車両を避けるために道路右側部分にはみ出した場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

通行帯違反

  • 信号待ち車両等の法令の規定に従って停止している車両を避けるために右側通行帯に進路変更した(第一通行帯以外を通行した)場合

>> 5万円以下の罰金(過失罰あり)

罰則のない行為

  • 車両通行帯のない道路で、信号待ち車両等の法令の規定に従って停止している車両を避けるために右に進路変更した(左側端に寄らずに通行した)場合

関連条文

道路交通法

(通行区分)

第17条

4 車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第9節の2までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。

5 車両は、次の各号に掲げる場合においては、前項の規定にかかわらず、道路の中央から右の部分(以下「右側部分」という。)にその全部又は一部をはみ出して通行することができる。この場合において、車両は、第1号に掲げる場合を除き、そのはみ出し方ができるだけ少なくなるようにしなければならない。

3 当該車両が道路の損壊、道路工事その他の障害のため当該道路の左側部分を通行することができないとき。

(左側寄り通行等)

第18条 車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第25条第2項若しくは第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に3以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

3 車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項若しくは第34条第1項から第5項までの規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

(車間距離の保持)

第26条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

(乗合自動車の発進の保護)

第31条の2 停留所において乗客の乗降のため停車していた乗合自動車が発進するため進路を変更しようとして手又は方向指示器により合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした乗合自動車の進路の変更を妨げてはならない。

(運転者の遵守事項)

第71条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

2の3 児童、幼児等の乗降のため、政令で定めるところにより停車している通学通園バス(専ら小学校、幼稚園等に通う児童、幼児等を運送するために使用する自動車で政令で定めるものをいう。)の側方を通過するときは、徐行して安全を確認すること。

自転車の交通事故 無料相談コーナー