HOME > 道路(車道)の通行方法 > 進路変更・追い越し等

進路変更・追い越し等

  • 進路変更の基本

    道路(車道)において進路変更を行う際は、進路変更先の後方から来る車両の進行妨害とならないように行わなければならない。

  • 車両の追い越し方法

    他の車両を追い越す際は、基本的に、右に進路変更し、追い越す車両の右側を通って追い越さなければならない。
    また、車両通行帯が設けられた道路では、一つ右の車両通行帯(通常は第二通行帯)を通らなければならない。
    追い越しが終わったら、左に進路変更し、適切な通行位置に戻る。

  • 駐停車車両等を避ける方法

    駐停車車両を避ける際は、右に進路変更する、道路右側部分を通る、車両通行帯が設けられた道路にあっては右の通行帯を通るなどして避けることができる。
    なお、駐停車車両を避ける行為は追い越しには該当しないため、状況によっては、左に進路変更して避けても差し支えない。

  • 後方車両に追い付かれた場合

    進路後方の車両が自分に追い付き、追い越しを始めた場合には、その追い越しが完了するまで、スピードを上げてはならない。
    また、車両通行帯が設けられていない道路(一車線道路、片側一車線道路)においては、基本的に、できる限り道路(車道)の左側端に寄らなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー