HOME > 道路(車道)の通行方法 > 進路変更・追い越し等 > 後方車両に追い付かれた場合

後方車両に追い付かれた場合

進路後方の車両が自分に追い付き、追い越しを始めた場合には、その追い越しが完了するまで、スピードを上げてはならない。
また、車両通行帯が設けられていない道路(一車線道路、片側一車線道路)においては、基本的に、できる限り道路(車道)の左側端に寄らなければならない。

最終更新日:2015-06-02

追い付かれた場合の義務が生じる状況

追い付かれた場合の義務が生じる状況は、自分と同一進路の後方から進行して来た車両が、確保すべき車間距離にまで近づき、かつその車両が追い越し(進路変更)を開始した場合のことをいう。[執務資料]


追い越し開始時点で追い付かれた場合の義務が生じる

後方車両が追い越しを開始せずそのまま追走してきている場合については、追い付かれた場合の義務は生じない。

また、進路が異なっていて後方車両が進路変更することなく自分の前方に出ることができる(追い抜くことができる)場合についても、追い付かれた場合の義務は生じない。

スピードを上げてはならない義務について

後方車両に追い付かれた場合には、その車両が追い越しを開始してから、自分の前方に出るまでの間は、スピードを上げてはならない。


追い越してる間はスピードを上げてはならない

なお、この義務は、スピードを上げなければそれで良く、スピードを落としたり徐行・停止したりする義務までは負わない。

できる限り左側端に寄る義務について

車両通行帯が設けられていない道路(一車線道路、片側一車線道路)においては、後方車両に追い付かれた場合には、その車両が追い越しを開始してから、自分の前方に出るまでの間は、スピードを上げてはならないことに加え、基本的にできる限り道路の道路(車道)の左側端に寄らなければならない。


追い越してる間はできる限り左側端に寄る

ただし、道路幅が十分広く、道路左側部分で追い越しが可能である場合には、できる限り左側端に寄る義務は生じない。

なお、路側帯が設けられた道路においては、できる限り車道の左側端に寄れば良く、路側帯に進入する義務までは負わない。


路側帯に入らなくとも良い

この義務は、車両通行帯が設けられていない道路においてのみ生ずるものであるため、車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)では、左側端に寄らなくとも良い。


左側端に寄らなくとも良い

罰則

追い付かれた車両の義務違反

  • 後方車両に追い付かれ、追い越されている最中に、スピードを上げた場合
  • 車両通行帯が設けられていない道路において、後方車両に追い付かれ、追い越されている最中に、できる限り道路(車道)の左側端に寄らなかった場合(道路左側部分で追い越し可能な場合を除く)

>> 5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連条文

道路交通法

(他の車両に追いつかれた車両の義務)

第27条 車両(道路運送法第9条第1項に規定する一般乗合旅客自動車運送事業者による同法第5条第1項第3号 に規定する路線定期運行又は同法第3条第2号に掲げる特定旅客自動車運送事業の用に供する自動車(以下「乗合自動車」という。)及びトロリーバスを除く。)は、第22条第1項の規定に基づく政令で定める最高速度(以下この条において「最高速度」という。)が高い車両に追いつかれたときは、その追いついた車両が当該車両の追越しを終わるまで速度を増してはならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

2 車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端。以下この項において同じ。)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第18条第1項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

自転車の交通事故 無料相談コーナー