HOME > 道路(車道)の通行方法 > 進路変更・追い越し等 > 進路変更の基本

進路変更の基本

道路(車道)において進路変更を行う際は、進路変更先の後方から来る車両の進行妨害とならないように行わなければならない。

最終更新日:2015-06-02

進行妨害の恐れがない場合

進路変更の際に、進路変更先の後方から来る車両の進行妨害となる恐れがない場合には、停止や徐行等を行うことなく、そのまま進路を変更して差し支えない。


進行妨害の恐れがなければそのまま進路変更可

進行妨害の恐れがある場合

進路変更をする際に、進路変更先の後方から来る車両の進行妨害となる恐れがある場合には、進路変更をしてはならない。


後方車両優先

このような場合には、例えばスピードを調整して後方車両に自分を追い抜かせ、後方車両が追い抜いたならば進路変更を開始するなどの方法が考えられる。


後方車両を追い抜かせてから進路変更を開始する方法

みだりな進路変更の禁止

みだりに進路変更を行うことは、禁止されている。
そのため、蛇行運転や、不必要な進路変更を頻繁に繰り返すなどの行為は、行ってはならない。

進路変更に該当しない行為

次のような行為は、進路変更には該当しない。

  • 運転動作に伴い、少々左右に揺れること。
  • カーブにおいて、若干の左右への移動が自然と発生すること(イン側に流されるなど)。

罰則

進路変更禁止違反

進路変更によって後方車両の進行を妨害した場合

>> 5万円以下の罰金(過失罰なし)

罰則のない行為

  • みだりな進路変更

関連法令

道路交通法

(進路の変更の禁止)

第26条の2 車両は、みだりにその進路を変更してはならない。

2 車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー