HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路外へ出る方法 > 右側の道路外へ出る方法

右側の道路外へ出る方法

右側の道路外に出る場合には、基本的に、そのまま右折して道路を横断すれば良い。
ただし、他の車両の進行妨害となる恐れがある場合には、一旦できる限り道路(車道)の左側端に寄るべきこととなる。

最終更新日:2015-06-02

横断歩道等のない場所で右側に出る方法

進行妨害となる恐れがない場合

進行妨害となる恐れがない場合には、そのまま右折して道路を横断し、道路外に出る。


そのまま右折・横断して道路外に出る

進行妨害となる恐れがある場合

進行妨害となる恐れがある場合、道路進行車両を優先させるため、一旦できる限り道路(車道)の左側端に寄るべきこととなる。
進行妨害の恐れがなくなったならば、道路を横断し、道路外に出る。


一旦できる限り道路左側端に寄り、横断する

横断歩道等が設けられた場所から右側に出る方法

信号機が設けられている場合

横断歩道等が設けられた場所から右側に出る場合で、信号機が設けられている場合には、右折した後、信号機に従って横断し、道路外に出る。
なお、他の車両の進行妨害とならないよう、通常は、一旦できる限り道路(車道)の左側端に寄るべきこととなる。
(信号機の設けられた交差点における右折(二段階右折)と同様の動きとなる。)


赤信号に従い停止し、青信号で横断し道路外に出る

信号機が設けられていない場合

横断歩道等が設けられた場所から出る場合は、道路外へ出る方法の基本に記したとおり、道路進行車両よりも優先して道路外に出ることができるため、道路交通法上は、進行妨害となる恐れがない場合と同様に、そのまま右折し横断して差し支えないこととなる。


道路交通法上はそのまま右折し横断して差し支えない

車両横断禁止の標識がある場合

自転車横断帯が設けられていない場所から出る場合

道路に、車両横断禁止の道路標識がある場合には、基本的に、右側の道路外に出てはならない。

車両横断禁止の道路標識

自転車横断帯が設けられた場所から出る場合

道路に車両横断禁止の道路標識があっても、自転車横断帯が設けられた場所から出るのであれば、自転車横断帯を通り道路外に出ることができる。

徐行義務について

自転車が右側の道路外に出る場合については、左側に出る場合とは異なり、徐行義務はない。

付近に自転車横断帯がある場合

前方に自転車横断帯がある場合

道路外に出る場所よりも前方、概ね30m以内に自転車横断帯がある場合には、自転車横断帯が設けられた場所まで進み、そこでUターンして、左側の道路外に出る方法に従って道路外に出ることとなる。

UターンについてはUターンの方法を、左側道路外出については左側の道路外へ出る方法を、それぞれ参照されたい。

後方に自転車横断帯がある場合

道路外に出る場所よりも後方に自転車横断帯がある場合には、概ね30m以内であっても、自転車横断帯を通らず、道路外に出る場所(目的地)から道路外に出て差し支えない。

罰則

(法定)横断禁止違反

  • 道路を横断した際に道路の交通を妨害した場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

(指定)横断禁止違反

  • 横断禁止の道路標識がある場所で、道路を横断して右側道路外に出た場合

    (自転車横断帯設置場所から進入する場合を除く。)

>> 5万円以下の罰金(過失罰あり)

自転車の通行方法指示違反

  • 自転車横断帯を通って横断しなければならない状況で自転車横断帯を通らず、かつ警察官から指導を受けたにも関わらずその指導に従わなかった場合。

>> 2万円以下の罰金又は科料

関連条文

道路交通法

(横断等の禁止)

第25条の2 車両は、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設若しくは場所に出入するための左折若しくは右折をし、横断し、転回し、又は後退してはならない。

2 車両は、道路標識等により横断、転回又は後退が禁止されている道路の部分においては、当該禁止された行為をしてはならない。

(自転車の横断の方法)

第63条の6 自転車は、道路を横断しようとするときは、自転車横断帯がある場所の付近においては、その自転車横断帯によつて道路を横断しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー