HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路外へ出る方法 > 左側の道路外へ出る方法

左側の道路外へ出る方法

左側の道路外に出る場合には、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、徐行して左折を行う。

最終更新日:2015-06-02

左側に出る方法

左側に出る方法の基本

左側の道路外に出る場合には、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、徐行して、左折を行う。


できる限り左側端に寄り、徐行し、左折する

出る場所に横断歩道等がある場合

道路外に出る場所に横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)がある場合には、その場所で道路外に出て差し支えない。

なお、横断歩道等に信号機が設置されている場合でも、その信号機に従う必要はないので、横断歩道等の側が赤信号でも、道路外に出て差し支えない。


横断歩道等の信号機が赤信号でも道路外に出て良い

車両横断禁止の標識がある場合

道路に、車両横断禁止の道路標識がある場合でも、左側の道路外に出るのは構わない。

車両横断禁止の道路標識


横断禁止道路でも左側の道路外に出て良い

付近に自転車通行帯がある場合

左側の道路外に出る場合には、道路外に出る場所(目的地)の付近(概ね30m以内)に自転車横断帯があっても、自転車横断帯まで移動せず、その場から道路外に出て差し支えない。


自転車横断帯を通らなくとも良い

関連条文

道路交通法

(道路外に出る場合の方法)

第25条 車両は、道路外に出るため左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、徐行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー