HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)の走行ルール > 徐行すべき場所

徐行すべき場所

徐行の道路標識がある場所と、曲がり角付近、上り坂の頂上付近、急な下り坂を通行する場合には、徐行をしなければならない。

最終更新日:2015-06-02

徐行義務のある場所

道路(車道)では、次の場所を通行する場合には、必ず徐行をしなければならない。

  • 徐行の道路標識がある場所

    徐行の道路標識

  • 道路の曲がり角付近
  • 上り坂の頂上付近
  • 急な下り坂

その他の徐行義務

徐行義務のある道路

自転車が通行可能な歩行者用道路を通る場合には、常に徐行をしなければならない。

自転車が通行可能な歩行者用道路の道路標識の例


歩行者用道路では必ず徐行

交差点での徐行義務

信号のない交差点に、幅の狭い方または優先道路ではない方から進入する場合には、徐行して進入しなければならない。

また、信号がなく見通しがきかない交差点においては、優先道路を通行してきた場合を除き、交差点に進入する際や、交差点の見通しのきかない部分を通るときは、徐行をしなければならない。

交差点への進入については交差点への進入を、交差点の優先関係については信号機のない交差点の優先関係を、それぞれ参照されたい。

右左折時の徐行義務

交差点の右左折時

交差点で右左折をする場合には、右左折している間は、徐行をしなければならない。(参照:交差点の左折方法交差点の右折方法

道路外に出るための左折時

左側の道路外に出るために左折する場合についても、左折している間は、徐行をしなければならない。(参照:左側の道路外へ出る方法

なお、右側の道路外に出るために右折する場合においては、徐行する義務はない。

歩行者保護などのための徐行義務

歩行者の近くを通る場合

道路(車道)において歩行者の近くを通ることとなる場合において、歩行者と安全な間隔を保つことができない場合には、歩行者の近くでは徐行をしなければならない。(参照:歩行者の近くを通過するとき

横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)接近時

横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)に近づく際は、信号機が設置されていない場合には、横断歩道等によって横断しようとする歩行者・自転車がいないことが明らかでない限り、横断歩道等の直前で(停止線がある場合には停止線で)停止できるよう徐行しなければならない。(参照:横断歩道等を通過するとき

スクールバスの側方通過時

幼稚園・小中学校のスクールバスが、園児・児童の乗り降りをさせている場合(ハザードランプを点灯させている場合)に、そのスクールバスを避ける際には、側方通過時には徐行をして、安全確認をしなければならない。(参照:駐停車車両等を避ける方法

罰則

歩行者用道路における徐行違反

  • 歩行者用道路で徐行しなかった場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

徐行場所における徐行違反

  • 徐行の道路標識がある場所、道路の曲がり角付近、上り坂の頂上付近、急な下り坂で徐行しなかった場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

関連条文

道路交通法

(歩行者用道路を通行する車両の義務)

第9条 車両は、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識等により表示されている道路(第13条の2において「歩行者用道路」という。)を、前条第2項の許可を受け、又はその禁止の対象から除外されていることにより通行するときは、特に歩行者に注意して徐行しなければならない。

(徐行すべき場所)

第42条 車両等は、道路標識等により徐行すべきことが指定されている道路の部分を通行する場合及び次に掲げるその他の場合においては、徐行しなければならない。

2 道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾配の急な下り坂を通行するとき。

自転車の交通事故 無料相談コーナー