HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)の走行ルール > 車間距離の保持

車間距離の保持

道路(車道)走行時は、進路前方の車両が急停止した場合でも追突しないよう、車間距離を保たなければならない。

最終更新日:2015-06-02

確保すべき車間距離

進路前方を進行する車両との間には、前方車両が「急に」「その場に」停止した場合でも、その前方車両に追突することを避けることができる距離を保たなければならない。
通常は、進行スピードにおける制動距離以上の距離を保つべきこととなる。


車間距離を保つ(制動距離以上)

なお、前方車両が自転車であっても、同様に車間距離を保たなければならない。


自転車に対しても車間距離を保つ

罰則

車間距離不保持

  • 必要な車間距離を保たなかった場合

>> 5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連条文

道路交通法

(車間距離の保持)

第26条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー