HOME > 道路(車道)の通行方法 > 交差点の通行方法

交差点の通行方法

  • 交差点への接近

    交差点に接近する際は、直進する場合にはそのままの進路で構わないが、左折または右折をする場合には、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄るべきこととなる。

  • 交差点への進入

    交差点への進入は、信号機がある場合には信号機に従って、そうでない場合には交差点の優先順位に従って、それぞれ行うこととなる。
    交差点手前に一時停止の道路標識がある場合には、一時停止をしなければならない。
    また、優先道路ではない方から交差点に進入する場合には、徐行をしなければならないことがある。

  • 交差点の直進方法

    交差点を直進する際は、基本的に、そのままの進路で直進進行し交差点を通過すれば良い。
    ただし、交差点内または交差点の付近に自転車横断帯がある場合には、自転車横断帯を通って交差点を通過する。

  • 交差点の左折方法

    交差点で左折をする際は、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、できる限り左側端に沿って徐行する。

  • 交差点の右折方法

    交差点を右折する際は、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、交差点の左側端に沿って徐行する。
    交差点内または交差点の付近に自転車横断帯がある場合には、直進の場合と同様、自転車横断帯を通って交差点を通過する。

  • 信号機のない交差点の優先関係

    信号機のない交差点では、道路標識等によって示された優先道路、明らかに幅の広い方の道路、徐行・一時停止の道路標識がない方の交通が優先となる。
    これらで優先関係が定まらない場合には、「左方優先」となる。

自転車の交通事故 無料相談コーナー