HOME > 道路(車道)の通行方法 > 交差点の通行方法 > 交差点への進入

交差点への進入

交差点への進入は、信号機がある場合には信号機に従って、そうでない場合には交差点の優先順位に従って、それぞれ行うこととなる。
交差点手前に一時停止の道路標識がある場合には、一時停止をしなければならない。
また、優先道路ではない方から交差点に進入する場合には、徐行をしなければならないことがある。

最終更新日:2015-06-02

信号機がある場合の交差点への進入

交差点に信号機が設置されている場合には、信号機に従って、交差点への進入を行う。


信号機に従い停止位置を越えて進入

なお、信号機による交通の整理がなされている交差点においては、その外側に横断歩道等が設けられ自転車専用信号機や歩行者自転車専用信号機が設置されている場合であっても、交差点(車道の交わる部分)を通るのであるから、あくまで交差点の交通を整理する信号機(車道上の信号機)に従うこととなる。[執務資料]


交差点の交通を整理する信号機(車道上の信号機)に従う

直進または右折をする場合

直進または右折をする場合は、青信号または直進矢印信号に従って停止線を越え、交差点に直進進入する。
なお、右折矢印信号は自転車にとっては赤信号と同じ意味になるため、右折する場合であっても、右折矢印信号で停止線を越えて交差点に進入してはならない。

左折をする場合

左折をする場合には、青信号または左折矢印信号に従って停止線を越え、交差点に左折しつつ進入する。

ただし、常時左折可の表示がある場合には、信号機の灯火に関わらず、停止線を越えて交差点に進入することができる。

「常時左折可」の表示


「常時左折可」の表示があれば停止位置を越えて進行・左折可

信号機がない場合の交差点への進入

徐行・一時停止の道路標識がある場合

交差点の手前に徐行または一時停止の道路標識が設置されている場合には、徐行して、または停止線の直前で一時停止した後に、交差道路の車両の進行妨害とならないように交差点に進入する。

徐行と一時停止の道路標識

交差道路の車両の進行妨害となる恐れがある場合には、交差道路の交通を優先させるため、交差点の直前で再度一時停止すべきこととなる。


交差点直前で再度一時停止すべきこととなる。

徐行・一時停止の道路標識がない場合

信号機による交通整理がなされていない(車道上に信号機がない)交差点で、徐行・一時停止の道路標識がない場合には、道路の優先関係に従って交差点に進入する。

具体的な優先関係については、信号機のない交差点の優先関係を参照されたい。

交差道路が優先道路である場合や、交差道路の道幅の方が明らかに広い場合については、徐行して進入しなければならない。

見通しがきかない場合

見通しのきかない交差点に進入する場合には、優先道路側から進入する場合を除き、徐行して進入しなければならない。

罰則

徐行場所における徐行違反

  • 徐行の道路標識がある場所で徐行しなかった場合
  • 左右の見通しのきかない交差点への進入時に徐行しなかった場合(優先道路からの進入時を除く)

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

一時停止違反

  • 一時停止の道路標識がある場所で、停止線の直前で一時停止しなかった場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

優先道路通行車妨害等

  • 交差道路が優先道路であるか、進行してきた道路より幅が広い道路である場合において、交差点進入時に徐行しなかった場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連条文

道路交通法

(左折又は右折)

第34条 車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。

3 軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

(交差点における他の車両等との関係等)

第36条

3 車両等(優先道路を通行している車両等を除く。)は、交通整理の行なわれていない交差点に入ろうとする場合において、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、徐行しなければならない。

(徐行すべき場所)

第42条 車両等は、道路標識等により徐行すべきことが指定されている道路の部分を通行する場合及び次に掲げるその他の場合においては、徐行しなければならない。

1 左右の見とおしがきかない交差点に入ろうとし、又は交差点内で左右の見とおしがきかない部分を通行しようとするとき(当該交差点において交通整理が行なわれている場合及び優先道路を通行している場合を除く。)。

(指定場所における一時停止)

第43条 車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあつては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第36条第2項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。

(交差点における自転車の通行方法)

第63条の7 自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー