HOME > 道路(車道)の通行方法 > 交差点の通行方法 > 交差点への接近

交差点への接近

交差点に接近する際は、直進する場合にはそのままの進路で構わないが、左折または右折をする場合には、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄るべきこととなる。

最終更新日:2015-06-02

基本的な交差点への接近方法

直進する場合:そのままの進路で接近

交差点を直進する場合には、基本的に、そのままの進路で交差点に接近して構わない。


直進時は基本的にそのままの進路で接近

交差点の手前に車両通行帯が設けられている(片側二車線以上となっている)場合には、必要に応じて第一通行帯(左から一番目の通行帯)内の適切な位置を通れるよう進路変更することもできる。

なお、後述の自転車横断帯がある場合においては、自転車横断帯に円滑に進入できる位置に進路変更すべきこととなる。

左折または右折をする場合:できる限り左側端に寄る

交差点で左折する場合は、あらかじめ、できる限り道路(車道)の左側端に寄っておく。

また、交差点で右折する場合についても、二段階右折・大回り右折の要領で右折進行するため、あらかじめ、できる限り道路(車道)の左側端に寄っておく。

左折・右折は徐行で行うため、交差点に進入する前に、スピードを落としておくべきこととなる。


左折時・右折時はあらかじめできる限り左側端に寄る

なお、後述の自転車横断帯がある場合においては、できる限り左側端に寄る必要はない。

自転車横断帯がある場合の接近方法

交差点またはその付近に自転車横断帯が設けられている場合には、自転車横断帯を通る必要があるので、進路が自転車横断帯とずれている場合には、あらかじめ、自転車横断帯に円滑に進入できる位置に進路変更すべきこととなる。


交差点内・交差点付近に自転車横断帯がある場合はそこに進入できる進路をとる

なお、交差点の外側に設けられた自転車横断帯については、法(道路交通法第63条の7第1項)でいうところの「付近」に当たらないため、通行義務がない。[S55東京高裁]
そのためこの場合には、直進時にはそのままの進路で接近する等、前述のとおりの接近を行う。


交差点外側の自転車横断帯は通行義務がないので直進時はそのままの進路

罰則

交差点右左折方法違反

  • 交差点で左折・右折をする場合において、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄らなかった場合(自転車横断帯を通る場合を除く)

>> 2万円以下の罰金又は科料

関連条文

道路交通法

(左折又は右折)

第34条 車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。

3 軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

(交差点における自転車の通行方法)

第63条の7 自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー