HOME > 道路(車道)の通行方法 > 交差点の通行方法 > 信号機のない交差点の優先関係

信号機のない交差点の優先関係

信号機のない交差点では、道路標識等によって示された優先道路、明らかに幅の広い方の道路、徐行・一時停止の道路標識がない方の交通が優先となる。
これらで優先関係が定まらない場合には、「左方優先」となる。

最終更新日:2015-06-02

「優先道路」が示されている場合

「優先道路」の道路標識がある場合

「優先道路」の道路標識がある道路は、優先道路である。
進行してきた道路に、優先道路の道路標識があれば、交差道路に優先して通行することができる。

「優先道路」の道路標識


優先道路の道路標識があれば優先して通行できる

「優先道路」を示す道路標示がある場合

中央線が交差点内でつながっている道路は、優先道路である。
進行してきた道路の中央線が、交差点内でつながっていれば、交差道路に優先して通行することができる。
逆に、交差道路の中央線が交差点内でつながっている場合には、交差道路を通行する車両の進行を妨害してはならない。


中央線が交差点内でつながっている道路が優先

道幅が明らかに異なる場合

道路標識等によって優先道路が示されていない場合において、交差する道路の道幅が明らかに異なる場合には、道幅が明らかに広い方が優先となる。(目安:道路幅が2倍以上)
そのため、道幅が明らかに狭い方の道路を進行してきた場合には、交差道路を通行する車両の進行を妨害してはならない。


明らかに幅の広い道路が優先

徐行・一時停止の道路標識がある場合

交差点の手前に次の道路標識がある場合には、交差道路を通行する車両の進行を妨害してはならない。

  • 一時停止

    ただし、交差道路にも一時停止の道路標識がある場合は、後述の左方優先に従う。

  • 徐行(前方優先道路)


徐行・一時停止の標識があれば交差道路優先

優先関係が定まらない場合:左方優先

上述の要領では優先関係が定まらない場合には、いわゆる「左方優先」となり、左方向から進行してくる車両の進行を妨害してはならない。


左方向からの交通を優先させる

罰則

優先道路通行車妨害等

  • 交差点において交差道路の交通を優先させるべき状況において、交差道路の車両の進行妨害をした場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連法令

道路交通法

(交差点における他の車両等との関係等)

第36条 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。

1 車両である場合 その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車

2 路面電車である場合 交差道路を左方から進行してくる路面電車

2 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、その通行している道路が優先道路(道路標識等により優先道路として指定されているもの及び当該交差点において当該道路における車両の通行を規制する道路標識等による中央線又は車両通行帯が設けられている道路をいう。以下同じ。)である場合を除き、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、当該交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。

3 車両等(優先道路を通行している車両等を除く。)は、交通整理の行なわれていない交差点に入ろうとする場合において、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、徐行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー