HOME > 道路(車道)の通行方法 > 交差点の通行方法 > 交差点の右折方法

交差点の右折方法

交差点を右折する際は、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、交差点の左側端に沿って徐行する。
交差点内または交差点の付近に自転車横断帯がある場合には、直進の場合と同様、自転車横断帯を通って交差点を通過する。

最終更新日:2013-05-12

自転車横断帯がない場合の右折方法

右折方法の基本

交差点での右折は、あからじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、できる限り交差点の左側端に沿って徐行することにより行う。
右折し、交差点を通過し終えたら、右折先道路の適切な位置を通行できるように、通行位置を調整する。
右折後、他の車両の妨害となる恐れがなければ、後述する信号機がある場合を除き、右折後停止せずにそのまま進行して差し支えない。


左側端に寄り、交差点左側端に沿って徐行、交差点通過後通行位置調整

右折後に、他の車両の妨害となる恐れがあれば、右折後(ハンドルを右に向けた後)、右折地点で一時停止すべきこととなる。


進行妨害となる恐れがあれば右折後一時停止すべきこととなる


進行妨害となる恐れがなくなったら右折方向に進行

信号機がある場合

信号機がある場合には、進行方向の信号機に従い交差点に直進進入し、交差点の角で右折し、右折先の信号機に従い右折地点で一時停止する。
右折先の信号機が青信号(または直進矢印信号)になったら、右折方向に進行する。


進行方向の信号に従い交差点に進入し右折先の信号に従い一時停止


右折先の信号に従い右折方向に進行

自転車横断帯がある場合の右折方法

交差点内または交差点付近に自転車横断帯がある場合

交差点内または交差点の付近に自転車横断帯が設けられている場合には、その自転車横断帯を通って交差点を通過することとなる。
そのためこの場合には、あらかじめできる限り道路の左側端に寄る必要も、交差点の左側端に沿って進行する必要もない。
ただし、徐行義務については、通常の右折と同様に課せられる。


自転車横断帯に進入し、徐行して右折

交差点の外側に自転車横断帯がある場合

交差点の外側にある自転車横断帯の設置位置は、法(道路交通法第63条の7第1項)でいうところの「付近」に当たらないため、通行義務がない。[S55東京高裁]


「付近」にある自転車横断帯でないため通常の進路で右折可

直進や左折とUターンを組み合わせた方法

交通状況や道路状況によっては、交差点の左側端に沿って右折することが困難な場合がある。
このような場合においては、一旦直進した後にUターンして同じ交差点に戻り左折する方法、左折とUターンを2回繰り返す方法などが考えられる。


直進してからUターン・左折し、右折先となる道路に入る方法


左折とUターンを2回繰り返して右折先となる道路に入る方法

なお、この通行方法は、あくまで「左折」と「Uターン」の組み合わせであり、交差点における右折には当たらないため、注意されたい。
左折については交差点の左折方法を、UターンについてはUターンの方法を、それぞれ参照されたい。

関連法令

道路交通法

(左折又は右折)

第34条

3 軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

(交差点における自転車の通行方法)

第63条の7 自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー