HOME > 道路(車道)の通行方法 > 交差点の通行方法 > 交差点の左折方法

交差点の左折方法

交差点で左折をする際は、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、できる限り左側端に沿って徐行する。

最終更新日:2015-06-02

自転車横断帯がない場合の左折方法

交差点での左折は、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、できる限り左側端に沿って徐行することにより行う。
左折が完了(左折先道路に進入)したら、左折先道路の適切な位置を通行できるように、通行位置を調整する。


あらかじめできる限り左側端に寄り、左側端に沿って徐行、左折後通行位置調整

自転車横断帯がある場合の左折方法

左折方向の自転車横断帯がある場合

交差点内に、左折方向に進行できる自転車横断帯が設けられている場合には、その自転車横断帯を通って左折を行うこととなる。
そのためこの場合には、あらかじめできる限り道路の左側端に寄る必要も、左側端に沿って進行する必要もない。
ただし、徐行義務については、通常の左折と同様に課せられる。
左折が完了(左折先道路に進入)したら、通常の進行に戻る。


自転車横断帯に進入し、徐行して左折

上記以外の自転車横断帯がある場合

上記以外の自転車横断帯は、左折する際には通行義務がないので、前述の要領で通常通りの左折を行うこととなる。

関連法令

道路交通法

(左折又は右折)

第34条 車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。

(交差点における自転車の通行方法)

第63条の7 自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー