HOME > 道路(車道)の通行方法 > 交差点の通行方法 > 交差点の直進方法

交差点の直進方法

交差点を直進する際は、基本的に、そのままの進路で直進進行し交差点を通過すれば良い。
ただし、交差点内または交差点の付近に自転車横断帯がある場合には、自転車横断帯を通って交差点を通過する。

最終更新日:2015-06-02

自転車横断帯がない場合の直進方法

基本的に、そのままの進路を保ったまま直進進行し、そのまま交差点を通過する。

車両通行帯が設けられていない場合

車両通行帯が設けられていない場合(一車線道路、片側一車線道路)には、基本的に、道路(車道)の左側端に寄った進路を保ったまま直進進行し、そのまま交差点を通過する。
交差点内でも、基本的に、さらに左側端に寄るなどの進路変更はせず、そのままの進路を保つ。


左側端寄りをそのまま直進

車両通行帯が設けられている場合

車両通行帯が設けられている場合(片側二車線以上)には、第一通行帯(左から一番目の通行帯)の中を通ったまま直進進行し、交差点を通過すれば良い。
なお、左折レーン規制は自転車には及ばないため、第一通行帯が左折レーンになっている場合には、左折レーンを通って直進することとなる。


第一通行帯を通って直進

自転車横断帯がある場合の直進方法

交差点内または交差点付近に自転車横断帯がある場合

交差点内または交差点付近に自転車横断帯が設けられている場合には、自転車横断帯を通って交差点を通過しなければならない。
進路が自転車横断帯とずれている場合には、あらかじめ自転車横断帯に円滑に進入できる位置に進路変更し、自転車横断帯を通って交差点を通過し、再び進路変更し適切な通行位置に戻ることとなる。


自転車横断帯を通って交差点を通過

交差点の外側に自転車横断帯がある場合

交差点の外側にある自転車横断帯の設置位置は、法(道路交通法第63条の7第1項)でいうところの「付近」に当たらないため、通行義務がない。[S55東京高裁]


「付近」にある自転車横断帯ではないためそのまま直進進行可

左折とUターンを組み合わせた方法

交通状況や道路状況によっては、交差点をそのまま直進することが困難な場合がある。
このような状況においては、交差点で左折をして交差道路に入り、交差道路内でUターンして同じ交差点に戻り、さらに左折することにより再び進行してきた道路に戻るという手順で通行する方法が考えられる。


左折し、Uターンし、再度左折して通行する方法

なお、この通行方法は、あくまで「左折」と「Uターン」の組み合わせであり、直進には当たらないため、注意されたい。
左折については交差点の左折方法を、UターンについてはUターンの方法を、それぞれ参照されたい。

関連条文

道路交通法

(左側寄り通行等)

第18条 車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第25条第2項若しくは第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

(車両通行帯)

第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

(指定通行区分)

第35条 車両(軽車両及び右折につき原動機付自転車が前条第五項本文の規定によることとされる交差点において左折又は右折をする原動機付自転車を除く。)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条第1項、第2項及び第4項の規定にかかわらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。ただし、第40条の規定に従うため、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のためやむを得ないときは、この限りでない。

(交差点における自転車の通行方法)

第63条の7 自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー