HOME > 道路(車道)の通行方法 > 横断・Uターン

横断・Uターン

  • 横断(全横断)の方法

    道路(車道)を横断する際は、基本的に、他の車両の進行妨害とならないように横断しなければならない。
    ただし、横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)が設けられた場所で横断する場合には、信号機に従い、または道路の交通に優先して横断することができる。
    横断場所付近左側に自転車横断帯が設けられている場合には、自転車横断帯を通って横断しなければならない。
    歩道等(歩道または路側帯)が設けられた道路では、歩道等部分の横断の際は、その直前で一時停止し、また歩行者の通行を妨害してはならない。

  • Uターンの方法

    道路(車道)でUターン(転回)する際は、基本的に、右折して道路を横断し、中央を越えて向こう側で道路(車道)左側端寄りまたは第一通行帯を通るように再度右折をする。
    他の車両の進行妨害となる恐れがある場合には、横断前に一旦できる限り道路左側端に寄るべきこととなる。

自転車の交通事故 無料相談コーナー