HOME > 道路(車道)の通行方法 > 道路(車道)の走行ルール

道路(車道)の走行ルール

  • 併走は原則禁止

    自転車は、道路(車道)においては、基本的に他の自転車(軽車両)と並んで進行してはならない。

  • 走行スピード

    道路(車道)を走行する際、道路標識等(道路標識または道路標示)によって最高速度が指定されている場合には、それを越えるスピードを出してはならない。

  • 車間距離の保持

    道路(車道)走行時は、進路前方の車両が急停止した場合でも追突しないよう、車間距離を保たなければならない。

  • 徐行すべき場所

    徐行の道路標識がある場所と、曲がり角付近、上り坂の頂上付近、急な下り坂を通行する場合には、徐行をしなければならない。

  • 一時停止すべき場所

    交差点の手前に、一時停止の道路標識がある場合には、停止線の直前で一時停止をしなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー