HOME > 用語集 > 道路法の用語 > 路肩

路肩

道路法において路肩とは、道路の保護等のために、道路に設けられている帯状の部分を指す。

最終更新日:2012-04-26

路側帯と路肩の関係

路側帯を示す道路標示は、路肩を示すものではないため、路側帯が路肩であるとは限らない。
また、路側帯が設けられた道路に路肩が設けられているとも限らない。

車道外側線と路肩の関係

路肩を示す区画線は特に定められていないため、車道外側線の外側や、歩道が設けられている道路における車道外側線と歩道の間の部分は、路肩であるとは限らない。
また、車道外側線が設けられている道路や車道に路肩が設けられているとも限らない。

路肩の通行について

路肩の通行規制について

道路交通法上は、路肩の通行については何ら規制が存在しない。(そもそも、道路法上の路肩は、道路交通法令には一切登場しない。)

なお自動車については、歩道と車道の区別のない道路に設けられた路肩の通行が禁じられているが、これは道路交通法上の規制ではなく、道路の保全等を目的とした「車両制限令」という法令による規制である。
また、規制対象は自動車であるため、自転車は路肩を通行しても差し支えない。

路肩の通行義務について

上記のとおり、道路交通法上は、路肩の通行については何ら規制されていないため、自転車の通行についても、路肩を通行する義務はない。

関連法令

道路構造令

(用語の定義)

第2条 この政令において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

12 路肩 道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために、車道、歩道、自転車道又は自転車歩行者道に接続して設けられる帯状の道路の部分をいう。

車両制限令

(定義)

第2条 この政令において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

7 路肩 道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために、車道、歩道、自転車道又は自転車歩行者道に接続して設けられている帯状の道路の部分をいう。

(路肩通行の制限)

第9条 歩道、自転車道又は自転車歩行者道のいずれをも有しない道路を通行する自動車は、その車輪が路肩(路肩が明らかでない道路にあつては、路端から車道寄りの0.5メートル(トンネル、橋又は高架の道路にあつては、0.25メートル)の幅の道路の部分)にはみ出してはならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー