HOME > 自転車の罰則 > 5万円以下の罰金(過失罰なし)

5万円以下の罰金(過失罰なし)

  • 車間距離不保持
  • 進路変更禁止違反
  • 追い付かれた車両の義務違反
  • 交差点優先車妨害(左方優先違反)
  • 自転車の検査拒否等
  • 泥はね運転
  • 公安委員会遵守事項違反
  • 乗車方法違反(座席以外への乗車)
  • 交通事故現場からの無断立去

最終更新日:2013-12-01

車間距離不保持

自転車は、進路前方を通行している車両が急に止まっても追突しないよう、車間距離を保たなければならない。
これに違反して、短い車間距離で走行した場合、5万円以下の罰金の対象となる。

進路変更禁止違反

自転車は、進路変更先の後方から来る車両が急ハンドル・急ブレーキをかけなければ事故が起こってしまうようなタイミングでは、進路変更をしてはならない。
これに違反し進路変更を行い、進路変更先後方車両の進行妨害となった場合には、5万円以下の罰金の対象となる。

追い付かれた車両の義務違反

自転車は、後方から来た車両が自分を追い越す場合には、その追い越しが終わるまで、スピードを上げてはならない。
また、車線幅が狭く車両通行帯が設けられていない道路(片側一車線道路)では、後方から来た車両に追い付かれた場合には、できる限り車道の左側端に寄らなければならない。
これらに違反した場合は、5万円以下の罰金の対象となる。

なお、自分を追い越す車両が自転車である場合にもこれらの規定が適用されるため、後方から来た自転車が自分を追い越そうとしている場合には、スピードを上げてはならず、張り合ってスピードを上げたりすればこの罰則の対象となる可能性がある。

交差点優先車妨害(左方優先違反)

信号機のない交差点では、交差道路に優先関係がなければ、いわゆる「左方優先」となり、左側から来た車両の進行を妨害してはならない。
これに違反し、左側の車両の進行を妨害すれば、5万円以下の罰金の対象となる。

自転車の検査拒否等

警察官は、所要のブレーキを備えておらず、危険を生じさせる恐れがある自転車に対し、停止をさせて検査をし、必要に応じ応急処置や運転禁止を命じることができる。
これらの停止や検査、応急処置命令などを受けた場合に、これに従わなければ、5万円以下の罰金の対象となる。

泥はね運転

自転車は、ぬかるみや水たまりなどを通る際は、泥等をはねて他人に迷惑がかからないよう、必要に応じ徐行等をしなければならない。
これに違反し、他人に泥水等をはねかければ、5万円以下の罰金の対象となる。

公安委員会遵守事項違反

自転車は、各都道府県の公安委員会規則(条例)で定められた運転者の遵守事項を守らなければならない。
東京都を例にすれば、次のような事項を遵守するよう定められている。

  • 前方にある車両が歩行者を横断させるため停止しているときは、一時停止し、又は徐行して、その歩行者を安全に横断させること。
  • 傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で、自転車を運転しないこと。
  • 自転車を運転するときは、携帯電話用装置を手で保持して通話し、又は画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。
  • 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で自転車を運転しないこと。
  • 警音器の整備されていない自転車を運転しないこと。

これらに違反した場合、5万円以下の罰金の対象となる。

乗車方法違反・積載方法違反

自転車は、座席(サドル)以外の場所に乗車したり、積載装置(カゴ、荷台、ゲージ、自転車に取り付けるバッグ等)以外の場所に物を載せたりしてはならない。
これらに違反し、荷台に人を乗せたり、積載装置以外の部分に荷物を載せたりすれば、5万円以下の罰金の対象となる。

交通事故現場からの無断立去

自転車は、交通事故が起こった場合において、警察官から到着するまで現場を去ってはならない旨を命じられたならば、現場において警察官が到着するのを待たなければならない。
これに違反し、警察官が到着する前に現場を立ち去れば、5万円以下の罰金の対象となる。

関連条文

道路交通法

(車間距離の保持)

第26条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

(進路の変更の禁止)

第26条の2

2 車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。

(他の車両に追いつかれた車両の義務)

第27条 車両(道路運送法第9条第1項に規定する一般乗合旅客自動車運送事業者による同法第5条第1項第3号に規定する路線定期運行又は同法第3条第2号に掲げる特定旅客自動車運送事業の用に供する自動車(以下「乗合自動車」という。)及びトロリーバスを除く。)は、第22条第1項の規定に基づく政令で定める最高速度(以下この条において「最高速度」という。)が高い車両に追いつかれたときは、その追いついた車両が当該車両の追越しを終わるまで速度を増してはならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

2 車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端。以下この項において同じ。)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第18条第1項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

(交差点における他の車両等との関係等)

第36条 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。

1 車両である場合 その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車

(乗車又は積載の方法)

第55条 車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。ただし、もつぱら貨物を運搬する構造の自動車(以下次条及び第57条において「貨物自動車」という。)で貨物を積載しているものにあつては、当該貨物を看守するため必要な最小限度の人員をその荷台に乗車させて運転することができる。

(自転車の検査等)

第63条の10 警察官は、前条第一項の内閣府令で定める基準に適合する制動装置を備えていないため交通の危険を生じさせるおそれがある自転車と認められる自転車が運転されているときは、当該自転車を停止させ、及び当該自転車の制動装置について検査をすることができる。

2 前項の場合において、警察官は、当該自転車の運転者に対し、道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要な応急の措置をとることを命じ、また、応急の措置によつては必要な整備をすることができないと認められる自転車については、当該自転車の運転を継続してはならない旨を命ずることができる。

(運転者の遵守事項)

第71条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

1 ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。

6 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

(交通事故の場合の措置)

第72条

2 前項後段の規定により報告を受けたもよりの警察署の警察官は、負傷者を救護し、又は道路における危険を防止するため必要があると認めるときは、当該報告をした運転者に対し、警察官が現場に到着するまで現場を去つてはならない旨を命ずることができる。

第120条 次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。

2 第25条(道路外に出る場合の方法)第3項、第26条(車間距離の保持)、第26条の2(進路の変更の禁止)第2項、第27条(他の車両に追いつかれた車両の義務)、第31条の2(乗合自動車の発進の保護)、第32条(割込み等の禁止)、第34条(左折又は右折)第6項(第35条(指定通行区分)第2項において準用する場合を含む。)、第36条(交差点における他の車両等との関係等)第1項、第37条(交差点における他の車両等との関係等)、第40条(緊急自動車の優先)、第41条の2(消防用車両の優先等)第1項若しくは第2項又は第75条の6(本線車道に入る場合等における他の自動車との関係)の規定の違反となるような行為をした者(第26条の規定の違反となるような行為をした者にあつては、第119条第1項第1号の4に該当する者を除く。)

8の3 第63条の10(自転車の検査等)第1項の規定による警察官の停止に従わず、又は検査を拒み、若しくは妨げた者

8の4 第63条の10(自転車の検査等)第2項の規定による警察官の命令に従わなかつた者

9 第71条(運転者の遵守事項)第1号、第4号から第5号まで、第5号の3、第5号の4若しくは第6号、第71条の2(自動車等の運転者の遵守事項)、第73条(妨害の禁止)、第76条(禁止行為)第4項又は第95条(免許証の携帯及び提示義務)第2項(第107条の3(国際運転免許証等の携帯及び提示義務)後段において準用する場合を含む。)の規定に違反した者

10 第55条(乗車又は積載の方法)第1項若しくは第2項又は第59条(自動車の牽引制限)第1項若しくは第2項の規定に違反した者

11の2 第72条(交通事故の場合の措置)第2項の規定による警察官の命令に従わなかつた者

東京都道路交通規則(参考)

(運転者の遵守事項)

第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。

1 前方にある車両が歩行者を横断させるため停止しているときは、その後方にある車両は、一時停止し、又は徐行して、その歩行者を安全に横断させること。

3 傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。

4 自転車を運転するときは、携帯電話用装置を手で保持して通話し、又は画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。

5 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

9 警音器の整備されていない自転車を運転しないこと。

自転車の交通事故 無料相談コーナー