HOME > 自転車の罰則 > 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

  • 警察官現場指示違反・警察官通行禁止制限違反
  • 急ブレーキ禁止違反
  • 通行区分違反
  • 歩行者側方安全間隔不保持
  • (法定)横断禁止違反
  • 追越方法違反
  • 優先道路通行車妨害・交差点安全進行義務違反
  • 交差点における横断歩行者妨害
  • 幼児等通行妨害
  • 交通事故報告義務違反

最終更新日:2013-12-01

警察官現場指示違反・警察官通行禁止制限違反

警察官現場指示違反

公安委員会は、道路標識等を設置するいとまがないときなどは、警察官に現場において指示させることにより、道路標識等の代わりとなる交通規制を行うことができる。
この現場指示による交通規制に従わなかった場合には、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

なおこの罰則は、あくまで「道路標識等を設置するいとまがないとき」などにおいて、公安委員会が警察官に現場における指示を行わせた場合において、その指示に従わなかった場合に課せられるものである。
公安委員会が関与していない指示(多くの場合、警察官の独自判断によるその場限りの指示)については、従わなくともこの罰則の対象とはならない。

警察官通行禁止制限違反

警察官は、道路の損壊や、火災などの場合に、必要な範囲内で通行禁止などの措置を執ることができる。
この通行禁止等の指示に従わなかった場合には、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

急ブレーキ禁止違反

自転車は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、急ブレーキをかけてはならない。
これに違反した場合には、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

通行区分違反

路側帯通行・歩道通行

自転車は、歩道等と車道の区別のある道路では、基本的に車道を通らなければならない。
歩道等を通行できる条件を満たしていないにも関わらず歩道等を通行すれば、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

車道右側通行

自転車は、やむを得ない場合を除き、基本的に車道の左側を通らなければならない。
これに違反し、車道の右側を通れば、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

歩道等進入時の一時停止違反

自転車は、車道から道路外に出るために歩道等を横断する際は、歩道等に入る直前で一時停止をしなければならない。
これに違反し、一時停止することなく歩道等に進入すれば、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

なお、歩道等への進入が、その歩道等を通行するためであれば、一時停止をする義務は負わない。
そのためこの場合には、一時停止しなくても、通行区分違反に問われることにはならない。

歩行者側方安全間隔不保持

自転車は、歩道と車道の区別のない道路において、歩行者の側方を通過するときは、安全な間隔を保つか、又は徐行しなければならない。
これに違反し、安全な間隔を保つことも、徐行することもしなければ、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

(法定)横断禁止違反

自転車は、道路を横断するときは、道路を通行している歩行者や車両の進行を妨害しないように横断しなければならない。
これに違反し、道路を横断してその道路を通行している歩行者や車両の進行妨害となった場合には、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

追越方法違反

自転車は、他の車両を追い越すときは、その車両の右側を通って追い越さなければならない。
これに違反し、いわゆる左側追越をすれば、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

優先道路通行車妨害・交差点安全進行義務違反

自転車は、信号機のない交差点を通る際、交差道路が優先道路である場合には、優先道路を通る車両の進行を妨害してはならない。
また自転車は、交差点を通る際は、交通状況に応じできる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
これらに違反すれば、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

交差点における横断歩行者妨害

自転車は、交差点やその周辺で、横断歩道の設けられていない場所を横断している歩行者がいる場合には、その歩行者の横断を妨害してはならない。
これに違反し、歩行者の横断を妨害すれば、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

なお、横断歩道等が設けられている場合と異なり、自転車は保護対象とはならない。

幼児等通行妨害

自転車は、児童・幼児、障害者などの歩行者がいる場合、それらの通行を妨げてはならない。
これに違反した場合には、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

交通事故報告義務違反

自転車は、交通事故が生じたならば、警察官に交通事故の状況等を報告しなければならない。
これに違反した場合には、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金の対象となる。

なお、自転車の運転者自身が死傷してこれらを行うことが不可能な場合には、当然ながらこの義務は生じず、罰則も適用されない。

関連条文

道路交通法

(公安委員会の交通規制)

第4条 都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、又は交通公害その他の道路の交通に起因する障害を防止するため必要があると認めるときは、政令で定めるところにより、信号機又は道路標識等を設置し、及び管理して、交通整理、歩行者又は車両等の通行の禁止その他の道路における交通の規制をすることができる。この場合において、緊急を要するため道路標識等を設置するいとまがないとき、その他道路標識等による交通の規制をすることが困難であると認めるときは、公安委員会は、その管理に属する都道府県警察の警察官の現場における指示により、道路標識等の設置及び管理による交通の規制に相当する交通の規制をすることができる。

(警察官等の交通規制)

第6条

4 警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。

(通行区分)

第17条 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき、又は第47条第3項若しくは第48条の規定により歩道等で停車し、若しくは駐車するため必要な限度において歩道等を通行するときは、この限りでない。

2 前項ただし書の場合において、車両は、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げないようにしなければならない。

4 車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第9節の2までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。

(軽車両の路側帯通行)

第17条の2 軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側部分に設けられた路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる。

2 前項の場合において、軽車両は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。

(左側寄り通行等)

第18条

2 車両は、前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。

(急ブレーキの禁止)

第24条 車両等の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その車両等を急に停止させ、又はその速度を急激に減ずることとなるような急ブレーキをかけてはならない。

(横断等の禁止)

第25条の2 車両は、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設若しくは場所に出入するための左折若しくは右折をし、横断し、転回し、又は後退してはならない。

(追越しの方法)

第28条 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。

(交差点における他の車両等との関係等)

第36条

2 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、その通行している道路が優先道路(道路標識等により優先道路として指定されているもの及び当該交差点において当該道路における車両の通行を規制する道路標識等による中央線又は車両通行帯が設けられている道路をいう。以下同じ。)である場合を除き、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、当該交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。

3 車両等(優先道路を通行している車両等を除く。)は、交通整理の行なわれていない交差点に入ろうとする場合において、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、徐行しなければならない。

4 車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)

第38条の2 車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。

(運転者の遵守事項)

第71条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

2 身体障害者用の車いすが通行しているとき、目が見えない者が第14条第1項の規定に基づく政令で定めるつえを携え、若しくは同項の規定に基づく政令で定める盲導犬を連れて通行しているとき、耳が聞こえない者若しくは同条第2項の規定に基づく政令で定める程度の身体の障害のある者が同項の規定に基づく政令で定めるつえを携えて通行しているとき、又は監護者が付き添わない児童若しくは幼児が歩行しているときは、一時停止し、又は徐行して、その通行又は歩行を妨げないようにすること。

(交通事故の場合の措置)

第72条 交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

第119条 次の各号のいずれかに該当する者は、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金に処する。

1 第4条(公安委員会の交通規制)第1項後段に規定する警察官の現場における指示又は第6条(警察官等の交通規制)第4項の規定による警察官の禁止若しくは制限に従わなかつた車両等の運転者

1の3 第24条(急ブレーキの禁止)の規定に違反した者

2の2 第17条(通行区分)第1項から第4項まで若しくは第6項、第18条(左側寄り通行等)第2項、第25条の2(横断等の禁止)第1項、第28条(追越しの方法)、第29条(追越しを禁止する場合)、第31条(停車中の路面電車がある場合の停止又は徐行)、第36条(交差点における他の車両等との関係等)第2項、第3項若しくは第4項、第38条の2(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)又は第75条の5(横断等の禁止)の規定の違反となるような行為をした者

9の2 第71条(運転者の遵守事項)第2号、第2号の3又は第3号の規定に違反した者

10 第七十二条(交通事故の場合の措置)第一項後段に規定する報告をしなかつた者

自転車の交通事故 無料相談コーナー