HOME > 用語集 > 道路交通法の用語 > 交通の規制・指示等に関する用語 > 横断歩道・自転車横断帯・横断歩道等

横断歩道・自転車横断帯・横断歩道等

道路交通法において、「横断歩道」とは道路における歩行者の横断場所を指し、「自転車横断帯」とは道路における自転車の横断場所を指す。
「横断歩道」と「自転車横断帯」を総称して「横断歩道等」という。

最終更新日:2012-05-20

「横断歩道」

横断歩道とは、道路(実質的には車道)において道路標識等によって指示された歩行者の横断場所のことをいう。

「自転車横断帯」

自転車横断帯とは、道路(実質的には車道)において道路標識等によって指示された自転車の横断場所のことをいう。

「横断歩道等」

横断歩道と自転車横断帯を総称して「横断歩道等」という。

自転車の横断歩道等による横断について

横断歩道の通行

横断歩道は、歩行者が道路を横断するための場所であるが、自転車が横断歩道によって道路を横断することは禁止されていない。
そのため自転車は、横断歩道に自転車横断帯が併設されている場合を除き、横断歩道によって道路を横断することができる。

自転車横断帯の通行

自転車で道路を横断する際、付近に自転車横断帯が設置されている場合には、基本的にその自転車横断帯によって横断しなければならない。
また、自転車で交差点を通行する際、交差点内やその付近に自転車横断帯が設置されている場合には、基本的にその自転車横断帯によって交差点を通行しなければならない。

横断歩道等の通行と道路進行車両との関係

横断歩道等によって道路を横断する自転車は、基本的に、その道路を通行する車両よりも優先する。
そのため、横断歩道等によって横断する場合には、道路を通行する車両の直前・直後を横断しても、横断禁止違反とはならない。

横断歩道等の効力について

道路標識等の様式に従っていない場合

横断歩道等は、道路標識等によって指示される。
そのため、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令に規定された様式に従っていないものは、横断歩道等としての効力を有しない

道路標識又は道路標示のみの場合

横断歩道等は、基本的に、道路標識と道路標示を併設して指示することとなっている。
そのため、道路標識のみ又は道路標示のみの場合には、基本的に、横断歩道等としての効力を有しないこととなる。
ただし、次のような場合には、道路標識のみ又は道路標示のみであっても、横断歩道等としての効力を有する。

  • 信号機が設置されている場合には、道路標示のみでも効力を有する。
  • 未舗装であり道路標示の設置が困難な場合や、積雪等のために道路標示が見えない場合には、道路標識のみでも効力を有する。

関連条文

道路交通法

(定義)

第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

4 横断歩道 道路標識又は道路標示(以下「道路標識等」という。)により歩行者の横断の用に供するための場所であることが示されている道路の部分をいう。

4の2 自転車横断帯 道路標識等により自転車の横断の用に供するための場所であることが示されている道路の部分をいう。

(横断歩道等における歩行者等の優先)

第38条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

(自転車の横断の方法)

第63条の6 自転車は、道路を横断しようとするときは、自転車横断帯がある場所の付近においては、その自転車横断帯によつて道路を横断しなければならない。

(交差点における自転車の通行方法)

第63条の7 自転車は、前条に規定するもののほか、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、第17条第4項並びに第34条第1項及び第3項の規定にかかわらず、当該自転車横断帯を進行しなければならない。

道路交通法施行令

(公安委員会の交通規制)

第1条の2

3 法第4条第1項の規定により公安委員会が横断歩道又は自転車横断帯(以下「横断歩道等」という。)を設けるときは、道路標識及び道路標示を設置してするものとする。ただし、次の各号に掲げる場合にあつては、それぞれ当該各号に定めるところによることができる。

1 横断歩道等を設けようとする場所に信号機が設置されている場合 道路標示のみを設置すること。

2 横断歩道等を設けようとする道路の部分が舗装されていないため、又は積雪その他の理由により第1項の規定に適合する道路標示の設置又は管理が困難である場合 内閣府令で定めるところにより、道路標識のみを設置すること。

自転車の交通事故 無料相談コーナー