HOME > 用語集 > 道路交通法の用語 > 通行帯等に関する用語 > 普通自転車通行指定部分

普通自転車通行指定部分

道路交通法において「普通自転車通行指定部分」とは、道路標示で示された、歩道において自転車が通行すべき部分のことを指す。

最終更新日:2012-05-20

普通自転車通行指定部分の通行について

自転車は、基本的に車道を通らなければならないが、普通自転車通行指定部分が設けられている歩道については、自転車通行可の標識がある歩道と同様、自転車も通ることができる。
この場合において自転車は、歩道を通行する際は、普通自転車通行指定部分内を通らなければならない。

通常、自転車が歩道を通る時は、歩行者の有無に関わらず徐行をしなければならないが、普通自転車通行指定部分を通る場合には、歩行者がいる場合を除き基本的に徐行義務を負わない。

なお、歩行者が普通自転車通行指定部分に進入することは禁止されていないので、普通自転車通行指定部分は自転車専用の通行帯ではない。
一方自転車は、普通自転車通行指定部分が設けられた歩道を通る際は、いかなる理由があっても、普通自転車通行指定部分以外の歩道の部分を通ってはならない。
そのため自転車は、歩行者が普通自転車通行指定部分にいるなどの理由で、普通自転車通行指定部分を通ることができない場合は、車道を通行するか、又は自転車から降りて歩行者として歩道を通行しなければならない。

普通自転車通行指定部分の表示

普通自転車通行指定部分は、歩道において、道路標示をもって示される。
法令様式に従っていないもの(法定外表示によるもの)は、普通自転車通行指定部分としての効力を有しない。
この場合、歩道を通行する自転車は、法定外表示の位置や内容に関わらず、歩道の中央よりも車道側を通行しなければならず、また歩行者の有無に関わらず、常に徐行で通行しなければならない。

関連条文

道路交通法

(通行区分)

第10条

3 前項の規定により歩道を通行する歩行者は、第63条の4第2項に規定する普通自転車通行指定部分があるときは、当該普通自転車通行指定部分をできるだけ避けて通行するように努めなければならない。

(普通自転車の歩道通行)

第63条の4 普通自転車は、次に掲げるときは、第17条第1項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。ただし、警察官等が歩行者の安全を確保するため必要があると認めて当該歩道を通行してはならない旨を指示したときは、この限りでない。

1 道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。

2 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。

道路標識、区画線及び道路標示に関する命令

規制標示

種類 表示する意味
普通自転車の歩道通行部分 交通法第63条の4第1項第1号の道路標示により、普通自転車が歩道を通行することができることとし、かつ、同条第2項の道路標示により、普通自転車が歩道を通行する場合において、通行すべき歩道の部分を指定すること。
自転車の交通事故 無料相談コーナー