HOME > 用語集 > 道路交通法の用語 > 通行帯等に関する用語 > 普通自転車専用通行帯

普通自転車専用通行帯

道路交通法において「普通自転車専用通行帯」とは、車両通行帯のうち、自転車が通らなければならず、また軽車両以外の車両が通行してはならない車両通行帯を指す。

最終更新日:2012-05-20

普通自転車専用通行帯の通行について

自転車の通行

自転車は、車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)を通行する際は、基本的に第一車両通行帯(一番左側の車両通行帯)を通らなければならないが、道路の左側に普通自転車専用通行帯が設けられている場合には、その通行帯内を通らなければならない。
なお、普通自転車専用通行帯は、通常は道路の一番左側に設けられているので、通行要領に違いは生じない。

一方、軽車両以外の車両は、普通自転車専用通行帯が設けられた道路では、普通自転車専用通行帯以外の車両通行帯を通らなければならない。

普通自転車専用通行帯の表示

普通自転車専用通行帯は道路標識等をもって示される

普通自転車専用通行帯は、次の2つの道路標識等をもって示される。

  • 車両通行帯の道路標示
  • 普通自転車専用の車両通行帯である旨の道路標識等

道路標識等の様式に従っていない場合

法令様式に従っていないもの(法定外表示によるもの)は、普通自転車専用通行帯としての効力を有しない。
この場合、自転車は、法定外表示の位置や内容に関わらず、次のとおり、基本的な車道の通行方法に従って通行することとなる。

  • 車両通行帯が設けられていない道路(片側一車線道路)

    道路の左側端に寄って通行する。

  • 車両通行帯が設けられている道路(片側二車線以上の道路)

    第一車両通行帯(一番左側の車両通行帯)を通行する。

関連条文

道路交通法

(車両通行帯)

第20条

2 車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない。

道路標識、区画線及び道路標示に関する命令

規制標識

種類 表示する意味
専用通行帯 交通法第20条第2項の道路標識により、車両通行帯の設けられた道路において、特定の車両が通行しなければならない車両通行帯(以下この項において「専用通行帯」という。)を指定し、かつ、他の車両(当該特定の車両が普通自転車である場合にあつては軽車両を除き、当該特定の車両が普通自転車以外の車両である場合にあつては小型特殊自動車、原動機付自転車及び軽車両を除く。)が通行しなければならない車両通行帯として専用通行帯以外の車両通行帯を指定すること。
普通自転車専用通行帯 交通法第20条第2項の道路標識により、車両通行帯の設けられた道路において、普通自転車が通行しなければならない車両通行帯(以下この項において「普通自転車専用通行帯」という。)を指定し、かつ、軽車両以外の車両が通行しなければならない車両通行帯として普通自転車専用通行帯以外の車両通行帯を指定すること。

規制標示

種類 表示する意味
専用通行帯 交通法第20条第2項の道路標示により、車両通行帯の設けられた道路において、特定の車両が通行しなければならない車両通行帯(以下この項において「専用通行帯」という。)を指定し、かつ、他の車両(当該特定の車両が普通自転車である場合にあつては軽車両を除き、当該特定の車両が普通自転車以外の車両である場合にあつては小型特殊自動車、原動機付自転車及び軽車両を除く。)が通行しなければならない車両通行帯として専用通行帯以外の車両通行帯を指定すること。
自転車の交通事故 無料相談コーナー