HOME > 自転車の基本的な交通ルール > 信号機と踏切 > 従うべき信号機とその意味

従うべき信号機とその意味

道路(車道)を通行する際は、道路(車道)上に設けられた一般の(3灯式の)信号機に従わなければならない。
横断歩道を横断する際は、歩行者専用信号機が設置されていれば、歩行者自転車専用の表示板の有無に関わらず、その信号機に従わなければならない。

最終更新日:2015-06-02

従うべき信号機

従うべき信号機

対面する信号機に従う

信号機は、信号機に対面する交通の進行・停止を指示し、もってその場所における交通を整理するためのものである。
そのため、道路通行時は、通行している道路部分の交通に対面して設置されている信号機(通行しようとする部分の交通を整理する信号機)に従うこととなる。

例えば歩道が設けられた道路が交差する交差点(車道が交わる部分)を通行する際には、車道の交通に対面する(交差点の交通を整理する)信号機に従うこととなる。[執務資料]

交差点の外側に横断歩道等が設けられ、横断歩道等に対面して歩行者自転車専用信号機が設けられている場合でも、それは車道の交通に対面しておらず、また交差点(車道の交わる部分)の交通を整理する信号機ではないため、交差点(車道)を通行する自転車に対する交通整理の効力はない。


交差点の交通を整理する信号機(車道上の信号機)に従う

左折と横断後の右折における例外

青信号で左折をした場合、左折後に、左折先の信号機(赤信号)に対面することとなるが、この信号機には従わずにそのまま左折先の道路を進行しても良い。


左折後、赤信号に対面するが、そのまま進行可

青信号で横断歩道等を横断した後に右折する場合も同様に、右折後に、右折先に信号機(赤信号)に対面することとなるが、やはりこの信号機には従わずにそのまま道路を進行しても良い。


右折後、赤信号に対面するが、そのまま進行可

なお、交差点における右折については、いわゆる二段階右折の要領で右折を行うこととなるため、右折後においても対面する信号機に従わなければならない。


右折後は、右折先の信号に従い一時停止

従うべき信号機の種類

自転車に対する交通整理の効力を有する信号機には、次の種類のものがある。

道路(車道)進行時
  • 一般の(3灯式の)信号機

  • 自転車専用信号機(3灯式の信号機に「自転車専用」の表示が付いたもの)

一般の信号機と自転車専用信号機が同じ場所に併設されている場合には、自転車専用信号機に従う。

自転車横断帯横断時
  • 自転車専用信号機

  • 歩行者自転車専用信号機(歩行者専用信号機に「歩行者自転車専用」の表示が付いたもの)

横断歩道横断時
  • 歩行者専用信号機

  • 歩行者自転車専用信号機

横断歩道を横断する際は、信号機が単なる歩行者専用信号機であっても、その信号機に従わなければならない。

信号機の意味

信号機は、停止線等の停止位置(後述)を越えて進行しても良いかどうかを意味するものである。

青信号:進んで良い

青信号は、停止線等を越えて進行しても良いことを意味する。
また、交差点の通行においては、停止線を越えて交差点に進入し、直進(右折における二段階目の直進を含む)・左折を行うことができる。

黄色信号・青点滅信号:(基本的に)止まれ

黄色信号と、歩行者専用信号機での青点滅信号は、基本的に停止線等を越えて進行してはならないことを意味し、停止線等の直前で停止しなければならない。
ただし、停止線の直前で黄色信号になった場合など、安全に停止できない場合には、そのまま進行しても差し支えない。

なお、あくまで停止線等を越えて進行してはならないという意味であるため、停止線等を青信号等で通過した場合には、交差点の途中などで黄色信号になったとしても、そのまま進んで差し支えない。

赤信号:止まれ

赤信号は、黄色信号と同じく、停止線等を越えて進行してはならないことを意味する。
ただし、黄色信号とは異なり、進行しても良い例外は存在せず、必ず停止線等の直前で停止しなければならない。

なお、黄色信号と同様あくまで停止線等を越えて進行してはならないという意味であるため、停止線等を青信号等で通過した場合には、交差点の途中などで赤信号になったとしても、やはりそのまま進んで差し支えない。

矢印信号

直進方向の矢印信号:直進方向進行可

直進方向の矢印信号は、停止線等を越えて直進進行(右折における二段階目の直進を含む)しても良いことを意味する。

左折方向の矢印信号:左折方向進行可

左折方向の矢印信号は、停止線を越えて交差点に進入し左折をしても良いことを意味する。

右折方向の矢印信号:止まれ(赤信号と同じ)

右折方向の矢印信号は、自転車に対しては、赤信号と同じ意味である。

「常時左折可」の表示

「常時左折可」の表示板が付いている信号機は、常に停止線を越えて交差点に進入し左折しても良いことを意味する。

赤信号等における停止位置

道路(車道)通行時

道路(車道)通行時は、停止線の直前で停止する。


停止線直前で停止

交差点右折時

交差点右折時には、右折後においては、右折した地点(交差点の左奥の角)において停止する。


右折した地点で停止

道路(車道)進入時

横断歩道等(横断歩道または自転車横断帯)が設置された場所で道路(車道)に進入する場合には、道路(車道)の直前で停止する。


道路(車道)直前で停止

道路(車道)進行中における右折横断時

道路(車道)進行中に、横断歩道等が設置された場所で右折し横断する場合(Uターンする場合を含む。)には、右折場所(横断開始場所)で停止する。
なお、通常は、横断に際しあらかじめできる限り道路の左側端に寄るべきこととなるため、横断歩道等設置場所において、できる限り道路左側端に寄った場所で停止すべきこととなる。


右折場所(横断開始場所)で停止

罰則

信号無視

  • 赤信号で停止位置を越えた場合
  • 黄信号で、停止位置で安全に止まれたにも関わらず、停止位置を越えた場合
  • 交差点における右折に際し、右折先の信号機が黄信号または赤信号の状態で右折後の(二段階目の)直進を行った場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

関連条文

道路交通法

(公安委員会の交通規制)

第4条

4 信号機の表示する信号の意味その他信号機について必要な事項は、政令で定める。

(信号機の信号等に従う義務)

第7条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第1項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。

道路交通法施行令

(信号の意味等)

第2条 法第4条第4項に規定する信号機の表示する信号の種類及び意味は、次の表に掲げるとおりとし、同表の下欄に掲げる信号の意味は、それぞれ同表の上欄に掲げる信号を表示する信号機に対面する交通について表示されるものとする。

信号の種類 信号の意味
青色の灯火

2 自動車、原動機付自転車(右折につき原動機付自転車が法第34条第5項本文の規定によることとされる交差点を通行する原動機付自転車(以下この表において「多通行帯道路等通行原動機付自転車」という。)を除く。)、トロリーバス及び路面電車は直進し、左折し、又は右折することができること。

3 多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、直進(右折しようとして右折する地点まで直進し、その地点において右折することを含む。青色の灯火の矢印の項を除き、以下この条において同じ。)をし、又は左折することができること。

黄色の灯火

2 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。

赤色の灯火

2 車両等は、停止位置を越えて進行してはならないこと。

3 交差点において既に左折している車両等は、そのまま進行することができること。

5 交差点において既に右折している多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、その右折している地点において停止しなければならないこと。

人の形の記号を有する青色の灯火

2 普通自転車(法第63条の3に規定する普通自転車をいう。以下この条及び第26条第3号において同じ。)は、横断歩道において直進をし、又は左折することができること。

人の形の記号を有する青色の灯火の点滅

2 横断歩道を進行しようとする普通自転車は、道路の横断を始めてはならないこと。

人の形の記号を有する赤色の灯火

2 横断歩道を進行しようとする普通自転車は、道路の横断を始めてはならないこと。

青色の灯火の矢印 車両は、黄色の灯火又は赤色の灯火の信号にかかわらず、矢印の方向に進行することができること。この場合において、交差点において右折する多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、直進する多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両とみなす。
黄色の灯火の点滅 歩行者及び車両等は、他の交通に注意して進行することができること。
赤色の灯火の点滅

2 車両等は、停止位置において一時停止しなければならないこと。

備考
この表において「停止位置」とは、次に掲げる位置(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前)をいう。

1 交差点(交差点の直近に横断歩道等がある場合においては、その横断歩道等の外側までの道路の部分を含む。以下この表において同じ。)の手前の場所にあっては、交差点の直前

2 交差点以外の場所で横断歩道等又は踏切がある場所にあっては、横断歩道等又は踏切の直前

3 交差点以外の場所で横断歩道、自転車横断帯及び踏切がない場所にあっては、信号機の直前

2 交差点において公安委員会が内閣府令で定めるところにより左折することができる旨を表示した場合におけるその交差点に設置された信号機の前項の表に掲げる黄色の灯火又は赤色の灯火の信号の意味は、それぞれの信号により停止位置をこえて進行してはならないこととされている車両に対し、その車両が左折することができることを含むものとする。

3 公安委員会が信号機について、当該信号機の信号が特定の交通に対してのみ意味を表示するものである旨を内閣府令で定めるところにより表示した場合における信号機の第1項の表に掲げる信号の意味は、当該信号機について表示される特定の交通についてのみ表示されるものとする。

4 公安委員会が、人の形の記号を有する青色の燈火、人の形の記号を有する青色の燈火の点滅又は人の形の記号を有する赤色の燈火の信号を表示する信号機について、当該信号機の信号が歩行者及び自転車に対して意味を表示するものである旨を内閣府令で定めるところにより表示した場合における当該信号の意味は、次の表の上欄に掲げる信号の種類に応じ、それぞれ同表の下欄に掲げるとおりとする。

信号の種類 信号の意味
人の形の記号を有する青色の灯火

2 自転車は、直進をし、又は左折することができること。

人の形の記号を有する青色の灯火の点滅 2 自転車は、道路の横断を始めてはならず、また、当該信号が表示された時において停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除き、停止位置を越えて進行してはならないこと。
人の形の記号を有する赤色の灯火

2 自転車は、道路の横断を始め、又は停止位置を越えて進行してはならないこと。

3 交差点において既に左折している自転車は、そのまま進行することができること。

4 交差点において既に右折している自転車は、その右折している地点において停止しなければならないこと。

備考 この表において「停止位置」とは、第一項の表の備考に規定する停止位置をいう。

5  特定の交通についてのみ意味が表示される信号が他の信号と同時に表示されている場合における当該他の信号の意味は、当該特定の交通について表示されないものとする。

自転車の交通事故 無料相談コーナー