HOME > 自転車の基本的な交通ルール > 信号機と踏切

信号機と踏切

  • 従うべき信号機とその意味

    道路(車道)を通行する際は、道路(車道)上に設けられた一般の(3灯式の)信号機に従わなければならない。
    横断歩道を横断する際は、歩行者専用信号機が設置されていれば、歩行者自転車専用の表示板の有無に関わらず、その信号機に従わなければならない。

  • 踏切の通過

    踏切を通過する際は、基本的にその手前で一時停止をしなければならず、また遮断機が下りている場合などにおいては、踏切に進入してはならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー