HOME > 自転車の基本的な交通ルール > 道路の通行可否と通行位置 > 道路における通行位置

道路における通行位置

歩道等(歩道または路側帯)と車道の区別のある道路では、自転車は車両であるため、基本的に車道を通行しなければならない。
道路(車道)では、基本的に、道路の中央から左側の部分を通行しなければならない。

最終更新日:2015-06-02

車道左側通行について

歩道等(歩道または路側帯)と車道の区別のある道路では、自転車は車両であるため、基本的に、車道を通行しなければならない。

道路(車道)では、基本的に、道路の中央から左側の部分を通行(左側通行)しなければならず、右側部分を通行してはならない。
歩道が設けられた道路において、歩道と車道外側線の間の部分を通る場合でも、その部分は車道であるため、やはり右側を通行してはならない。

道路(車道)の通行位置については、道路(車道)の通行位置を参照されたい。

歩道等を通行できる場合

自転車は、道路の左側に設けられた路側帯については、通行が許容されている。
また、歩道についても、一定の条件を満たせば通行できる。
歩道等を通行できる条件については、歩道等の通行についてを参照されたい。

歩道を通行する際には、歩道の中央から車道寄りの部分を通らなければならない。
歩道の通行位置については、歩道の通行位置を参照されたい。

罰則

通行区分違反

  • 道路(車道)の右側部分を通行した場合(追い越しをする場合や障害物を回避する場合などやむを得ない場合を除く)
  • 歩道等を通行できる条件を満たしていないにも関わらず歩道等を通行した場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連条文

道路交通法

(通行区分)

第17条 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき、又は第47条第3項若しくは第48条の規定により歩道等で停車し、若しくは駐車するため必要な限度において歩道等を通行するときは、この限りでない。

4 車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第九節の二までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー