HOME > 自転車の基本的な交通ルール > 道路の通行可否と通行位置 > 通行が禁止されている道路

通行が禁止されている道路

自転車は、道路標識によって車両や自転車の通行が禁止されている道路を通行してはならない。
また、自転車は車両であるため、歩行者用道路も基本的に通行してはならない。

最終更新日:2015-06-02

通行が禁止されている道路

車両通行止めの道路

道路標識によって車両の通行が禁止されている道路は、自転車も通行してはならない。

車両通行止め道路標識

自転車通行止めの道路

道路標識によって自転車の通行が禁止されている道路は、通行してはならない。

自転車通行止めの道路標識

なお、自転車通行可の歩道が設けられている道路では、車道部分が自転車通行止めであっても、歩道部分は通行することができる。

歩道を通行する際は、歩道の中央から車道寄りを、徐行しなければならない。

軽車両通行止めについて

軽車両通行止めの道路標識は、正確には「自転車以外の軽車両通行止め」であり、自転車はこの道路標識の規制対象ではないため、自転車はこの道路標識のある道路を通行することができる。

「自転車以外の軽車両通行止め」の道路標識

歩行者用道路の通行について

歩行者用道路は基本的に通行禁止

「歩行者用道路」は、道路標識によって示される、道路全体が歩行者専用であり車両の通行が禁止されている道路である。
そのため、歩行者用道路は自転車も通行してはならない。

歩行者用道路の道路標識

歩行者用道路を通行できる場合

歩行者用道路の中には、補助標識により自転車が通行禁止対象から除外されているものがあり、そのような歩行者用道路は、自転車も通行することができる。
自転車が通行可能な歩行者用道路を通る際は、歩行者に注意して徐行しなければならない。

自転車が通行可能な歩行者用道路の道路標識の例


歩行者用道路では必ず徐行

罰則

通行止め違反

  • 車両通行止めや自転車通行止めとなっている道路(または道路の部分)を通行した場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

歩行者用道路における徐行違反

  • 歩行者用道路で徐行しなかった場合

>> 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰あり)

関連条文

道路交通法

(通行の禁止等)

第8条 歩行者又は車両等は、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行してはならない。

(歩行者用道路を通行する車両の義務)

第九条 車両は、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識等により表示されている道路(第13条の2において「歩行者用道路」という。)を、前条第2項の許可を受け、又はその禁止の対象から除外されていることにより通行するときは、特に歩行者に注意して徐行しなければならない。

自転車の交通事故 無料相談コーナー