HOME > 自転車の基本的な交通ルール > 安全運転義務と歩行者保護等 > 泥はね運転の禁止

泥はね運転の禁止

ぬかるみや水たまりなどを通る際は、泥等をはねて他人に迷惑がかからないよう、必要に応じ徐行等をしなければならない。

最終更新日:2015-06-02

泥はね運転違反となる状況

泥はね運転は、泥等を他人にはねかけた場合だけでなく、泥等を人のいる方向にはね飛ばすなど、他人に迷惑を感じさせたような場合でも、違反となる。

罰則

泥はね運転

  • ぬかるみや水たまりなどを通る際に、徐行などをせず、他人に泥水等をはねかけた場合

>> 5万円以下の罰金(過失罰なし)

関連条文

道路交通法

(運転者の遵守事項)

第71条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

1 ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。

自転車の交通事故 無料相談コーナー