HOME > このサイトについて

このサイトについて

このサイトの趣旨について

近年、自転車利用者の大幅な増加に伴い、自転車のルール違反やマナー違反、自転車が関係する交通事故などが社会問題化しておりますが、このような問題が生じる背景の一つとして、国民の多くが自転車のルールについて十分な知識を持っていないという現状が掲げられます。

そこで当法人では、この問題の解決に寄与するためには、まずは多くの方に自転車のルールを正しく理解してもらうことが先決と考えるに至り、自転車の交通ルールを道路交通法その他の法令に基づき正しく広めるために、このサイトを立ち上げました。

皆様には、このサイトを通じて自転車に関する道路交通法令を知って頂き、その上で安全・適法・円滑な交通について考えて頂ければ幸いです。

なおこのサイトの内容は、基本的に自転車の交通ルールに関する事項に限定しており、いわゆる交通マナー・安全運転に関する事項までには及んでおりません。
交通の安全と円滑を実現するためには、道路交通法上の義務と権利を理解した上で、義務を履行することはもちろん、認められた権利の範囲内で最も適切な交通方法を執る必要がございます。
徒に権利にばかり着目されることなく、調和のとれた安全・円滑な交通を心がけて頂ければと存じます。

また、交通の安全を図るためには、他の交通手段の特性や固有のルールを知っておくことも欠かせません。
そのため、自転車利用者の方のみならず、自転車に乗らない方にも是非ともこのサイトをお読み頂き、自転車のルールについて理解を深めて頂ければと存じます。

注意事項

前述のとおり、このサイトでは、いわゆる交通マナー・交通安全に関する事項は取り扱っておりません。
実際の交通においては、徒に道路交通法上の権利に着目されることなく、その権利の範囲内で最も適切な交通方法を執られるようにしてください。

なお、現在このサイトの内容は、大幅な見直し作業を進めているところでございます。
そのため、ページ間で内容の齟齬があったり、構成が不適切な部分などがございます。
何卒ご了承ください。

このサイトの内容について

道路等の条件

このサイトにおける自転車に関する道路交通法令の説明は、基本的に、次の条件で書かれています。

  • 道路は、一般国道、都道府県道又は市区町村道(いわゆる公道)としてます。
  • 道路の構造は、特に記載がない限り、歩道と車道の区別のある道路としてます。
  • 自転車は、特に記載がない限り、二輪の普通自転車としてます。
  • 自転車の運転者は、13歳以上70歳未満の健常者としてます。
  • 公安委員会による定め(条例)については、東京都道路交通規則を例にしています。

取り扱う法令

このサイトで取り扱っている主な法令等は、次のとおりです。

  • 道路交通法
  • 道路交通法施行令
  • 道路交通法施行規則
  • 道路標識、区画線及び道路標示に関する命令
  • 東京都道路交通規則

関連する法令

このサイトには、一部、次の法令等に関連する事項も書かれます。

  • 道路法
  • 道路構造令
  • 自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律

用語の使い方

このサイトでは、分かりやすさを優先するため、道路交通法で用いられる用語とは異なる用語を用いている場合があります。

(例)
道路交通法上の用語:車両通行帯が設けられた道路
このサイト上の用語:片側二車線以上の道路

法解釈に関する根拠の表示

このサイトでは、道路交通法令に明確な記載がないために法解釈を要する事項につきましては、裁判例、先例および通達を根拠として採用致しております。
これらのうち、執務資料道路交通法解説に紹介のあるものについては、一律に『[執務資料]』と表示しております。
執務資料道路交通法解説に紹介のないものについては、次の例により示しております。

  • 裁判例を根拠とするもの:裁判年と裁判所名

    (例)[H20最高裁]

  • 先例を根拠とするもの:回答年と機関名、会議名等

    (例)[H20衆院本会議]

  • 通達を根拠とするもの:発簡機関

    (例)[警察庁]

なお、法律の基本的事項から当然に解釈が導かれるものについても、必要に応じ、法令名、その他法学で用いられる名称による表示を致しております。
(例)[刑法総則]

お願い事項

このサイトは、自転車の交通ルールをお伝えすることを目的としております。
しかし、交通の安全や円滑は、交通ルールを守るだけでは図ることはできず、前述のとおり、義務を履行するとともに、権利の範囲内で適切な交通方法を執る必要がございます。
そのため、自転車利用者の方にあっては、交通ルールを正しく把握されるだけでなく、実際の道路状況に応じて安全・円滑に配慮をした通行をしてください。
また、自動車ドライバーの方など自転車と同じく車道を通行される方にあっては、自転車固有の通行方法を理解された上で、調和の取れた安全・円滑な交通に配慮した運転をしてください。

自転車の交通事故 無料相談コーナー